オマーン王が誇る、息を呑むほど美しいモスクに行ってみよう

アラビア半島南東の端で、サウジアラビア、アラブ首長国連邦やイエメンに隣接するオマーン。18世紀から続くブーサイード朝14代目の国王カーブース・ビン=サイードが全統治権を持つ、中東の絶対君主制の国です。

原油・天然ガス輸出で得た収入を国民にうまく分配したり、国王が地方巡幸で各部族からの声に耳を傾ける機会を作るなどの政策により、絶対君主制でありながらも、中東の中で政情が比較的安定している国の1つです。(但し、公の場で国王の批判は厳禁!)

現在の国王は、即位20年目の1992年、一つの号令をかけます。それは、「オマーン国の中で一番大きく美しいモスクを建てる」いう内容でした。

この号令を受け、1995年にオマーンでは国の中で一番大きくて美しいモスクの建設を着工。

建設スタートから約6年4か月の歳月をかけ、30万トンものインドの石材を使い、現代建築と伝統的なイスラム建築をうまく取り入れたデザインの巨大モスク、スルタンカブールモスクが完成しました。

ちなみに大きさは、全敷地を合わせて41万6000平方メートルほどの広さです。およそ東京ドームの9倍もの大きさの巨大モスク、それは想像を絶する大きさです。

P1060894

このモスクの中には、ミナレット(塔)、男性用・女性用の礼拝所、中庭や回廊、図書室などがあります。一つ一つの場所、また各所細部にわたるまで、息を呑むほどの美しさです。

P1060940

P1060938

その中でも注目すべきところが2つあります。1つ目が、男性用の礼拝所内、4343平方メートルの場所に敷き詰められたペルシャ絨毯です。

これは何と、70×60m の1枚の大きな絨毯で、アブダビにあるシェイク・ザイード・グランド・モスクの絨毯が現れるまで、世界一大きなハンドメイドの絨毯でした。イランにいる600名の女性絨毯職人の手によって、4年かけて作られたと言われています。

デザインは、イランのタブリーズ、カーシャーン、エスファハーン地方の伝統的なデザインを合わせたものとなっており、野菜の色素を利用した28もの色が使用されています。

P1060933

そしてもう1つの目玉は、礼拝所のドーム部分に吊り下げられている世界最大級のシャンデリアです。高さ14メートル×幅8メートル、そして8トンもの重さがあります。美しさの秘訣は、シャンデリアに使用しているスワロフスキー製のガラス、そして1122ものランプにあります。

P1060898

通常、一般的なモスクはイスラム教徒のみに開放されていますが、このスルタンカブールモスクは、金曜日を除く午前中のみ、イスラム教徒以外も見学することができます。

但し、女性は、肩やひざを含めて、肌がしっかり隠れる服装を求められています。くるぶし辺りまであるスカートを履いたり、頭から首にかけてしっかりと隠せるスカーフがあると便利です。

その他、詳しいことは、モスクの入口近辺の注意事項をしっかりと確認しましょう。

P1060888

少し厳しい規則はありますが、このため息がでるほど美しい広大なモスク、死ぬまでに見ておきたい、そう思わせるほどの絶景の場所。

いつかオマーンを旅行するタイミングがあれば、訪れてみてください。きっとその荘厳な姿に圧倒されることでしょう。

P1060941

P1060939

P1060889

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア