【グルメ三冠王】これぞ池袋名物!?「開楽(かいらく)」のジャンボ餃子


稀代の名将ノムさんこと野村克也、世界のホームラン王こと王貞治、そして俺イズムの落合博満、など野球における三冠王は不世出のバッターであり、「打率」、「ホームラン本数」、「打点」の3拍子揃って初めて三冠王となれる。

それゆえ、野球における三冠王は非常に難しいとされており、プロ野球がスタートして現在まで、たった7人しか達成していないという素晴らしい記録でもある。

そんな不世出とも言えるべき野球の三冠王なのだが、星の数ほどある飲食店の中にも、「打率」、「ホームラン本数」、「打点」ならぬ、「駅から5分」「1000円以下」そして「めっぽうウマイ」という、まさにグルメ界の三冠王とも言えるべきお店がこの世には存在する。

今回は、池袋のグルメ三冠王とも言えるべきお店を紹介したい。お店の名前は「開楽(かいらく)」

実はこちらのお店、1954年(昭和29年)に創業した老舗の餃子店。長い歴史で培われたこだわりを、現代の私たちにもあじあわせてくれる、池袋では有名なお店だ。リニューアルされたためかつての赤い店構えとは変わっているが、現在はシックな黒を基調にしたお店となっている。しかしながら、そのこだわりの原材料や味わいには一寸のブレもない。

・こだわりの原材料
原材料となる、豚肉からキャベツ、ニラ、ニンニク、ショウガに至るまで、すべての食材を国産にこだわっており、保存料,着色料、安定剤などの添加物は一切加えていないという安心・安全な餃子。もちろん保存料を加えていないため、手作り餃子を作り立てで味わう事ができるお店なのだ。

・バナナのような巨大な餃子
そんな国産の材料と無添加にこだわった手作り餃子の最大の特徴は「ジャンボ餃子」と銘打つほどの大きさにある。大きさとしては小さなバナナほどもあろうかというほどの大きさと太さ。その巨大な餃子の食べ応えは1つでも十分と言えるほどのボリュームだ。

・激安!なんと3個で333円
そんなこだわりの巨大な餃子を3個で333円で食べられるのが嬉しい。しかもここは大都会・池袋の東口から徒歩1分もかからないほどの超がつくほどの「駅近」な場所。こんな場所でこの値段でこのボリュームの餃子を味わえる幸せをぜひとも味わってもらいたい。

・劇ウマでジューシーな餃子
もちろんただ安くてボリュームがあるだけでは三冠王にはなれない。こちらの餃子をひとくち食べれば、三冠王たるゆえんがわかるだろう。おおぶりの餃子にかぶりつくと、まずはたっぷりとした肉汁が口の中いっぱいに溢れ出す。その源はたっぷりの国産豚肉のウマミと国産野菜の甘みであり、それは最高の肉汁のジュースとなって口いっぱいにウマミを爆発させるのだ。もちろんシロメシとの相性は言うまでもない。オトナな対応をしたい方は、ビールで喉を湿らせるのもいいだろう。
IMG_8258

もし池袋を訪れた事があってこちらのお店でジャンボ餃子を味わった事が無い、という方にはぜひともこのお店の餃子を味わってみてもらいたい。

そこにはグルメ界の不世出ともいえるほどの三拍子揃った至福の味わいがあるにちがいない。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   開楽 本店(かいらく ほんてん)
住所   東京都豊島区南池袋1-27-2
営業時間 月~木、土曜日 11:00 ~ 23:00(ラストオーダー:22:40)
     金曜日     11:00 ~ 24:00(ラストオーダー:23:40)
     日曜日     11:00 ~ 22:00(ラストオーダー:21:40)
定休日  無休
お店のHP http://kailaku.jp/















この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 開楽 本店(かいらく ほんてん)

住所 : 東京都豊島区南池袋1-27-2