【2015年中に行かないと一生後悔してしまう築地の名店】本物の貝のウマさを教えてくれる寿司屋「岩佐寿し」


東京・築地といえば日本全国の誰もが知る巨大市場。築地場内や場外で働く人たちは食材を見る目や味わう舌が肥えているため、おいしいお店がたくさん存在する。

しかし築地の場内は2016年に移転が決定しており、現在の場内のお店はこのタイミングで無くなってしまう。つまり今の雰囲気で味わう事は二度とできない、築地場内はまさに今年ラストイヤーという非常に悲しい状況なのだ。

今回ご紹介するのは築地の代名詞とも言える寿司。代名詞とも言える「寿司」であるため築地場内には合計11店もの寿司屋が存在しているのだが、その中で特徴的なお寿司が食べられる事で有名なお店が「岩佐寿し(いわさすし)」だ。

・オール貝のメニュー「貝づくし」
こちらのお店でオーダーしたいのが「貝づくし」。そのものズバリ、こちらのメニューは貝のみで構成されている、貝好きにはたまらないメニューなのだ。赤貝にホッキ貝、ツブ貝に小柱など、そのどれもが抜群の鮮度で供される、まさに本物の貝を味わえるメニューこそ「貝づくし」なのだ

・本物の赤貝
回転寿司などで出回っている赤貝は本物ではない可能性が高く、ほとんどがサルボウ貝という種類。しかしこちらのお店では正真正銘、本物の赤貝を食べる事ができる。プリプリ、シコシコと最高の食感と濃い甘みが口の中一杯にひろがり、これぞ本物の赤貝と言う味わいを堪能できる。

・新鮮な貝のそれぞれの個性を感じる
生のホッキ貝は肉厚でしっかりとしたウマミとコクを感じることができる。ツブ貝のコリコリっとした歯ごたえとその奥に潜む磯の香りは、ツブ貝ならではの味わいだ。もちろん小柱の軍艦は、噛み締めるたびに小柱の甘みがじわじわっと口一杯に広がっていく。まさに貝の個性を詰め込んだメニューこそ、この「貝づくし」なのだ。

・もちろん味噌汁の具はアサリ
最後に堪能したいのがこちらのお店の味噌汁だ。しっかりとアサリのダシが染みでた味噌汁は「貝づくし」のシメにピッタリの味わい。最後の最後まで貝の味わいを追求することができるのが、この「貝づくし」というメニューである事を実感できる。

残念な事に築地場内市場は2016年の施設完成後に豊洲への移転が予定されているそのため、もし築地場内でこちらのお店のお寿司を楽しめるとすれば、あと少しの猶予しかない。

限られた時間しかないが、11店もの築地場内にある寿司屋の中から自分にあった最高の寿司屋をみつけてみてはいかがだろうか?きっとそこには素晴らしい技術に裏打ちされた本物の寿司があるに違いない。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   岩佐寿し
住所   東京都中央区築地5-2-1 築地市場 1号館
営業時間 平日 AM6:00~PM2:30
     土曜 AM6:00~PM3:00
定休日  日曜・祭日・第二第四水曜日(休市)
お店のHP http://www.iwasasushi.com/index.html

<その他の築地情報>
【完全保存版】さようなら築地。築地市場が移転するまでに絶対に食べておきたい本当に美味しい築地場内グルメ 20選 ( http://gotrip.jp/2015/12/25602/ )
















この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 岩佐寿し

住所 : 東京都中央区築地5-2-1 築地市場 1号館