スペイン人もビックリ!?スペイン王室御用達の最高級イベリコ豚を使った酢豚を味わえるお店「水新菜館(ミズシンサイカン)」


東京・浅草橋。駄菓子や花火、帆布などの問屋街や大手の人形屋さんが集まっていることでも有名な町。

山本周五郎の「柳橋物語」や池波正太郎の剣客シリーズなどでも度々舞台として出てくる浅草橋周辺は、江戸時代から庶民の街地(がいち)として栄えてきた。

そんな街にスペイン王室御用達の最高級イベリコ豚を使った酢豚を味わえるお店が存在する、それが今回ご紹介する「水新菜館(ミズシンサイカン)」だ。

・最高のイベリコ豚
こちらのお店の魅力は何と言ってもイベリコ豚。イベリコ豚といってもピンからキリまであるのだが、こちらのイベリコ豚は正真正銘のイベリコ豚を200年以上前から製造しているサンチェス・ロメロ・カルバハル社。サンチェス・ロメロ・カルバハル社は1879年創業、5つ星を意味する「5J(シンコ・ホタス)」ブランドのハモン・イベリコで有名なスペイン最大手のメーカー。そんな最高級のイベリコ豚の生ハムを製造している会社が提供してくれる、イベリコ豚を堪能できるのがこちらのお店なのだ。ちなみに「5J(シンコ・ホタス)」は歴史的に純血思想が強いスペイン王室で唯一王室御用達で知られている。


・最高のイベリコ豚をつかった極上のチャーシュー
そんな最高級イベリコ豚をつかった極上のチャーシューをまずは前菜でお願いしておきたい。画像では、ぱっと見、パサついたチャーシューではないか?と疑問をお持ちになる方もいらっしゃるかもしれない。しかしながら、ひとくち食べるとその想像は見事に裏切られる事となる。しっとりとしたチャーシューはどこまでも滑らかで、口の中の温度でチャーシューの脂の部分がどんどんと加速度的にほどけていくのだ。と同時に口の中いっぱいに、ナッツのような甘みのある香りとコクが広がっていく。その味わいの広がりと香り、これこそが本物のイベリコ豚なのだ、と痛感することだろう。少し食べるのがもったいない、とすら感じるウマミの凝縮されたチャーシューをぜひ味わっておきたい。

・最高のイベリコ豚をつかった極上の酢豚
極上のチャーシューでしっかりとイベリコ豚の味わいを確認したら、いよいよ、そのイベリコ豚をつかった酢豚をオーダーしたい。注文をうけて作られる酢豚は目にも鮮やか、香り豊かな逸品。カリっとした衣に甘酢あんを身にまとったイベリコ豚を頬張れば、至福の瞬間が訪れる。外側の衣の香ばしさに加えて、中からは最高の状態で柔らかくなった濃厚なイベリコ豚が肉汁とともに溢れ出す。濃厚なイベリコ豚の味わいにさっぱりの甘酢あん、どちらも個性は強いのだが、両方合わさる事によって、最強の組み合わせへと昇華していくのだ。

・もちろん他のメニューも至高の逸品
アツアツでジューシーな小籠包も、もちろん期待を裏切らない最高の味わいだ。もちもちの手作りの皮にジューシーな餡(あん)がたっぷりと詰まっている。

もちろん、焼き餃子も間違いないウマさ。外側はカリっと、中の具はしっかり詰まっており、どこまでもジューシーな味わいを楽しむことができる。
DSC_7624

また、特製のピーナッツダレでいただく、モチモチの水餃子も外せない。

また、オススメしたいのは肉団子だ。注文を受けてから仕込まれる肉団子は軟骨をしのばせてあり、外側はカリっとしており、内側はジューシー。噛み締めるたびに広がる肉汁と軟骨の食感がたまらない。

お願いすれば、甘酢あんかけバージョンとハーフ&ハーフでの注文もおこなうことができるので、2つの味わいで美味しい肉団子を堪能してみるのもいいかもしれない。

さらにはエビの湯葉巻きなど、どのメニューを頼んでも後悔させない、まさに浅草橋にこの店あり!と言わしめるほどのウマさなのだ。

・実はお店一番の人気メニューはあんかけ焼きそば
そして最後に注文したいのが、実はこのお店一番の人気メニューと言われているあんかけ焼きそばだ。たっぷりの野菜にすこし濃いめの味付けのあんかけ焼きそばは、シメにはぴったりの味わいだ。たっぷりの野菜によって引き出された野菜の甘みやウマミが、すこし濃いめの味付けによく合う。添えられたカラシと一緒に麺とあわせて味わえば、サッパリとしたキレも感じる、あと引くウマさがたまらない逸品なのだ。

ぱっと見は街の中華屋さんといった風情をただよわせるこちらのお店。しかしながら、街の中華屋さんでありながら、スペイン王室御用達のイベリコ豚を、スペインではまず味わえないであろう最高の逸品として提供してくれる、そんな「いい裏切り」を体験することができるのがこちらのお店なのだ。

もし機会があれば、最高のスペインの素材と、卓越した中華の技とのコラボレーションを体験してみてはいかがだろうか?その味わいからは、江戸時代から庶民の街地(がいち)として栄えてきた浅草橋の懐の深さを感じることができるにちがいない。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 水新菜館 (ミズシンサイカン)
住所 東京都台東区浅草橋2-1-1
営業時間 11:30~15:00 / 17:30~20:45
定休日 日曜・第2第4土曜














この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 水新菜館 (ミズシンサイカン)

住所 : 東京都台東区浅草橋2-1-1