埼玉県でこよなく愛されているご当地グルメ「豆腐ラーメン」の魅力とは?

都内へのアクセスも良く、東京に比べ家賃も比較的安いため、住みやすい県として定評のある埼玉県。

住みやすさには定評がある一方で、有名な観光地が少なく、県としての特徴がない、と言われてしまっている、すこし残念な都道府県の1つ。

そんな埼玉県ですが、実は密かに話題となっている絶品グルメが存在している事をご存知でしょうか?それが埼玉県民にこよなく愛されているという「豆腐ラーメン」です。

今回は知られざる「豆腐ラーメン」の生みの親が腕を振るうお店、「トーフラーメン幸楊」をご紹介したいと思います。

・豆腐ラーメンの発案者
豆腐ラーメンが生まれたのは、1970年(昭和45年)。日本では日本万国博覧会(大阪万博)が開幕し、外国からはマクドナルドやケンタッキーフライドチキンが日本に上陸するなど、まさに世界と日本の文化が混ざり合い、日本経済は大きく発展していきます。そんな年、埼玉県岩槻にある「レストラン大手門」で勤務をしていた高木利三さんが、まかないとして作ったラーメン、それが豆腐ラーメンでした。その後、高木利三さんは独立し、現在「トーフラーメン幸楊」を営業しています。つまり豆腐ラーメンの発祥のお店は「レストラン大手門」ですが、豆腐ラーメンの生みの親は「トーフラーメン幸楊」の店主、ということなのです。

・三位一体のラーメン
看板メニューの豆腐ラーメンは、子供から大人まで愛される人気メニューです。ベースとなるあっさりとした醤油ラーメンの上に、まろやかな絹豆腐とひき肉のあんかけが載せられています。別々に食べても美味しいのですが、あんかけとラーメンの2層構造になっていることで、少しづつ味の変化を楽しめる、というのもこのラーメンのうれしいポイントです。麺はスープによく絡む中細のちぢれ麺になっているので、一口すすれば、あんかけもスープも一気に絡めとり、「麺、スープ、あんかけ」の三位一体となった極上の味わいを楽しめます。

・実は埼玉県内のご当地B級グルメの王様、それが「豆腐ラーメン」
埼玉県内のご当地B級グルメの中から、人気ナンバーワンのグルメを決める大会として開催されている「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」。過去12回行われているこの大会で、第2回大会・第4回大会と2度の優勝を果たしたご当地グルメこそ「豆腐ラーメン」です。まさに埼玉県民に広く愛されているご当地グルメ、それが「豆腐ラーメン」なのです。

子供からご年配の方まで、多くの方に愛されている優しい味わいが特徴のご当地グルメ「豆腐ラーメン」。

優しい豆腐とひき肉のアンと、味わい深い醤油ラーメンの味わいで身も心も暖まる、そんな心も体も喜ぶラーメンを味わってみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   トーフラーメン幸楊
住所   埼玉県さいたま市桜区田島1-21-18
営業時間 11:30~20:00
定休日  木曜日













この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : トーフラーメン幸楊

住所 : 埼玉県さいたま市桜区田島1-21-18