カレー激戦区の神保町で燦然と輝くスープカレー「鴻(オオドリー)神田駿河台店 」


様々な書店が集まっている本の街として知られる東京・神保町。本だけでなくもう1つ有名なものがこの街にはあります。そう、それはカレー。

神保町にはカレーの専門店だけでも30店舗はあると言われており、カレー好きの方からは「カレーの聖地」と呼ばれています。

今回はそんなカレーの聖地にあって、スープカレーで絶大な人気を博すお店があります。

それが今回紹介する「鴻(オオドリー)」。

・店名の由来
コクのあるスープカレーがヤミツキになると、神保町のスープカレーといえば真っ先に名前が出てくるほどのお店「鴻(オオドリー)」。そんな人気店の店名は、映画史に残る名女優「オードリーヘップバーン」が由来と言われています。なんでもオーナーが彼女の大ファンで、お店にまで彼女の名前を付けてしまった、とのこと。名女優の名前にひけをとらない本格派なスープカレーは、カレー激戦区と言われている神保町でも確固たる人気をつかんでいます。

・選べるシステム
「鴻(オオドリー)」では、2種類のスープ、具材、そして辛さを自分で選択して組み合わせることができます。スープは豚骨ベースの黒スープとチキンベースの赤スープの2種類から選択することができます。具材は、豚しゃぶやハンバーグ、ロースカツなどその日の気分に合わせて選択する事できます。そして辛さは1倍から4倍まで用意されていますが、通常の1倍でも中辛程度の辛さになっているとのことなので、注文には少し注意が必要です。さらに、嬉しいサービスとしてご飯のおかわりが自由となっているので、残りのご飯の量を気にせず思う存分スープカレーを満喫することができます。

・絶品のハンバーグ
具材でオススメしたいのはハンバーグ。こだわりのハンバーグは国産牛100%使用の手造りの逸品。手で1つ1つ丁寧に作ることで、ジューシーで味わい深く肉のウマミをたっぷりと感じられるハンバーグーカレーを味わう事ができます。またカレーにはさらに大きめにカットされたニンジン、ピーマン、じゃがいも、タマネギ、ゆで卵が入っており、食べ応えのある具沢山なスープカレーは大満足の味わいです。

映画史に燦然と輝く名女優「オードリーヘップバーン」。その名前にちなんだ「鴻(オオドリー)」も、神保町で負けないくらいの美味しい味わいで光り輝いています。

パンチのある具沢山のカレーは、きっとお腹も心も満足させてくれるに違いありません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   スープカレー屋 鴻(オオドリー) 神田駿河台店
住所   東京都千代田区神田小川町3-10-18
営業時間 【月〜金】11:00~15:30、17:00~22:30
     【日・祝】11:00~21:30
定休日  土曜日
















この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : スープカレー屋 鴻(オオドリー) 神田駿河台店

住所 : 東京都千代田区神田小川町3-10-18