【日本麺紀行】分厚すぎるチャーシューが自慢!長野県で有名な「大石家」のラーメンとは?


日本各地にはそれぞれの街や地域の方々がこよなく愛し、磨き上げられてきた絶品グルメが必ず1つや2つ存在する。

しかしその絶品グルメは、ほとんどの場合地元の人にとっては「常識」や「当たり前」のため、その街や地域以外の人にはなかなか知られることがないのが、現状である。

今回ご紹介するのは、長野県にこのラーメンあり、といわれるほど地元で有名なラーメン店「大石家」。

伊那や諏訪をはじめ南松本や篠ノ井や長野など、様々な場所に大石家は存在しており、ラーメン不毛の地と呼ばれる長野県において、もはや「長野ラーメン」というジャンルが成立してもいいのではないか、と思えるほどだ。

・自慢は極厚のチャーシュー
そんな長野県で有名なラーメン店「大石家」の自慢といえば、分厚すぎるチャーシューだ。

しっかりとした醤油ダレで柔らかく煮込まれたチャーシューは豚肉のコクと醤油の香ばしさを感じる最高の味わい。

ラーメンのスープで暖めて味わえば、えも言われぬ味わいが口一杯に広がるのだ。

・つるつるシコシコのちぢれ麺
そんな極厚のチャーシューを受け止めるのがつるつるシコシコのちぢれ麺だ。

食感も喉越しも最高のちぢれ麺と分厚すぎるチャーシューを一緒に味わえば、楽しい食感におもわず笑顔になってしまう。

しっかりと食感を味わった後には、麺のほのかな甘みと香り、そしてチャーシューのたっぷりとした旨味を口の中で思う存分堪能できる。

・味わい深い鶏ガラ醤油スープとシャキシャキのメンマ
そんなラーメンをまとめあげているのが味わい深い鶏ガラ醤油スープだ。

鶏ガラのスッキリとしていながら奥行きのあるコク、そして醤油ダレが醸し出すどこか懐かしい香りと味わい。

そんなスープとの相性抜群なのがシャキシャキのメンマ。極上のスープに分厚いチャーシュー、そしてつるつるシコシコの麺。さらにはシャキシャキのメンマ。

これこそが、長野県が誇る「大石家」のラーメンなのだ。

もし長野を訪れることがあるのであれば、大石家のラーメンを味わってみてはいかがだろうか。

きっとそこには、どこか懐かしいけれども、他では味わう事ができない、分厚いチャーシューが印象的な極上のラーメンがあるにちがいない。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   中華そば大石家 諏訪店 (オオイシヤ)
住所   長野県諏訪郡下諏訪町南高木10616-62
営業時間 7:00~20:00
定休日  火曜日



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 中華そば大石家 諏訪店 (オオイシヤ)

住所 : 長野県諏訪郡下諏訪町南高木10616-62