タイ・チェンマイ郊外にある癒しのマウンテンリゾート、パンヴィマンで至福の滞在を楽しむ

近年人気上昇中のタイ北部の古都、チェンマイ。

城壁に囲まれた旧市街をもち、大小さまざまの寺院が立ち並ぶ「タイの京都」とも称される歴史ある街です。


刺激的な大都会、バンコクとはまた違った落ち着いた雰囲気が味わえます。

歴史文化都市としての側面だけでなく、山々の豊かな自然を望む環境もまたチェンマイの魅力。

観光に便利な市街地に泊まるのもいいですが、チェンマイを訪れるなら一泊は近郊の自然あふれる環境で過ごしたいものです。

そこで、チェンマイ近郊にある癒しのマウンテンリゾート、「パンヴィマン・チェンマイ・スパ・リゾート(Panviman Chiangmai Spa Resort)」をご紹介しましょう。

「パンヴィマン」とはタイ語で「天国のような」という意味。

山々に囲まれた自然豊かなロケーション、東京ドーム3個分という広大な敷地にゆったりと配置されたゲストルーム……

日常から離れてのんびりと過ごすには絶好の場所です。

ホテルへのアクセスは、チェンマイ中心部からタクシーで約40分。

チェックアウト後はホテルからチェンマイ中心部までの無料シャトルサービスを利用することができます。

ホテルに到着したらスタッフがあたたかくお出迎え。

高級ホテルらしく洗練されたサービスでありながら、同時にアットホームな雰囲気も感じられ好感がもてます。

レセプションでチェックインを済ませた後は、広い敷地を走るカートがお部屋までご案内。

滞在中もいつでもカートを呼び出すことができます。

コテージ風の宿泊棟はとても自然を感じる癒しの空間。72平米の広々としたお部屋に、専用のバルコニーが備わっています。

室内はタイ北部らしい木のぬくもりを生かしたインテリアが落ち着きます。さらに大きなバスタブがあるのも日本人には嬉しいポイントですね。

自然いっぱいのホテルの庭にはクジャクが遊びにくることも。

よりランクの高いお部屋はさらにプライベート感にあふれ、絶景を楽しめるヴィラになっています。

高級ホテルでありながら、宿泊費は意外にもリーズナブル。

宿泊の時期や予約のタイミングにもよりますが、もっとも手頃なお部屋であれば8000円程度で泊まれることも。一室あたりの料金なので、二人で泊まれば一人あたり4000円です。

その値段なら「ちょっと泊まってみようかな?」と思える料金ですよね。

パンヴィマン・チェンマイの顔ともいえるのが、レセプション付近にあるこちらのスペース。



さらに山々の美しい緑と、ホテルの洗練されたデザインが織りなす景色に心癒されます。

ホテル内を散策するのもまた楽しいもの。

敷地のどこを歩いても自然にあふれていて自然と気持ちがリフレッシュされていきます。

プールはもちろんのこと、チェスやミニゴルフ、卓球といった遊具もあり、思いのほか時間を持て余すことがありません。


チェンマイ最大級の広さを誇り、セラピストの技術の高さが評判のパンヴィマン・スパを体験すればよりいっそうリフレッシュできることでしょう。

日常から抜け出して、ゆったりと流れる時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ホテル名: パンヴィマン・チェンマイ・スパ・リゾート(Panviman Chiang Mai Spa Resort)
住所: 197/2 Moo 1, Pongyang, Maerim, Chiang Mai 50180 Thailand.
公式HP: http://www.panviman.com/chiangmai/index.html

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア