【オトナの女子旅】京都嵐山で訪れたい隠れ家的な豆腐懐石のお店「松籟庵(しょうらいあん)」

京都観光のメッカのひとつ、嵐山。

観光客や修学旅行生で季節を問わず賑わうエリアですが、せっかくならゆっくりと嵐山の風情を楽しみたいという方にお勧めのお店、「松籟庵(しょうらいあん)」をご紹介しましょう。

「松籟庵(しょうらいあん)」は、嵐山を流れる保津川(桂川)を渡月橋から15分ほど上流のほうへ歩いた場所にある、隠れ家的な豆腐懐石のお店。

かつて内閣総理大臣を歴任した、近衛文麿公の別邸と言われる屋敷を改装して作られた風情ある佇まいで、保津川を臨む店内からは、四季の自然の移ろいを感じながらヘルシーなお料理を頂く贅沢を思う存分味わうことができます。

こちらのお店は、店内も素晴らしいのですが、まず現地に至るまでの道のりに風情があり、大人の旅にぴったりです。

嵐山に到着したら、川の流れと木々の美しさを楽しみながら渡月橋から保津川沿いに上へ歩いていきましょう。

お店が近づくと、ハイシーズン以外は人もまばら。観光地以外の嵐山を発見したようで、嬉しくなってしまいます。

案内の看板のあるところで、山道へ。ここまできたらあと少し!

到着です。入口の雰囲気も隠れ家ぽくて、大人のワクワク感が掻き立てられます。

お座敷の窓からは、保津川と山の緑が。お座敷に座り、ゆっくりと外の景色を眺めるだけで、旅の満足度が大幅に高まること請け合いです。

落ち着いたしつらえの室内。実は松籟庵の女将である小林芙蓉氏は、著名な書画家でもあり、お座敷には作品が数多く飾られており、景色とともに私たちの心を癒してくれます。

その素晴らしいロケーションと、女将の書の実力は各界でも評価が高く、2016年11月に公開される川端康成原作「古都」の現代版映画においては松籟庵でロケが行われ、映画の題字も女将が担当されたそうですよ。

さて、そして忘れてはならないお料理。

写真は松風(しょうふう)コース(昼5800円 夜6300円 税抜き)からのもの。(お料理は季節により異なります) 

季節を感じさせる盛り付けが美しいコースで、豆腐懐石とはいえ、お豆腐や湯葉は様々にアレンジされていてすし、またお豆腐以外の食材も豊富に使われており、最後まで飽きることなく楽しめます。

ロケーションや品数の割に、意外とお手頃に楽しめるのも、松籟庵のお勧めポイントのひとつです。特にお昼の時間はお手頃なコースもあり、また景色もたっぷりと楽しめてお得ですね。

嵐山観光の際には、ぜひこちらのお店でのお食事も検討してみてください。(人気のお店ですので、予約は必須です。)

お店   松籟庵(しょうらいあん)
住所   京都市右京区嵯峨亀ノ尾町官有地内
電話    075-861-0123
営業時間 月~木 11:00~17:00  金〜日・祝 11:00~20:00
URL http://www.shoraian.jp/

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメ ディア



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 松籟庵(しょうらいあん)

住所 : 京都市右京区嵯峨亀ノ尾町官有地内