日本酒発祥の地!古都奈良の酒蔵「春鹿」のワインのようなデザート日本酒がオススメ!

日本酒の発祥の地と聞いて、どこを思い浮かべるでしょうか?

奈良県の正暦寺という寺には「日本清酒発祥の地」という碑が建っており、米を用いて寺院で自家製造されていたと言われています。

今回は、そんな日本酒発祥の地、古都奈良を代表する酒蔵「春鹿」で評判の日本酒をご紹介します。

・春鹿 発泡性純米酒 ときめき300ml 561円(税込)

春鹿が一押しの日本酒は「ときめき」は、300mlの小さな瓶に入った発泡性純米酒です。

お米の甘みとほどよい酸味、爽やかな泡の口当たりがまるでシャンパンを思わせる味で、デザート日本酒と言われており、日本酒が飲めなかった方にもオススメの一品です。

名前の通り、飲むと心がときめくようなスイートな甘みを奏でるお酒は、菓子やスイーツなどに使用しても味が引き立ちます。

・きき酒

酒蔵内では、一人500円(税込)で春鹿オリジナルグラス購入すると5種類のお酒を試飲を楽しむことができます。

社員が一人付いてお酒のガイドをし、同じ酒蔵でも色んなお酒の味があることを知ることができます。

奈良の春鹿に寄った際は、ぜひお酒ガイドで様々な試飲を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 今西清兵衛商店 (春鹿)
住所 奈良県奈良市福智院町24-1
営業時間 8:15~17:15
定休日 お盆、年末年始+社内行事2日(年間11日前後休み)
お店のHP http://www.harushika.com