シンガポールの名店「パラダイスダイナシティ」で絶品小籠包を味わおう!

中国系、インド系、マレー系など、異なる民族が共存する多民族国家・シンガポール。

先進国でもあることから、世界各国から多くの人々が集まる、美食が楽しめるグルメ都市でもあります。

例えば、シンガポールの定番の朝ご飯「カヤトースト」を楽しめるお店や、美味しいクロワッサンを堪能できるお店「チョンバル・ベーカリー」、多くの人が行列を作っているフライドホーハンのお店に、あのポール・ボキューズも絶賛したというペーパーチキンや、知る人ぞ知るシンガポールグルメ「シャンパンポーク」などなど、美味しいお店を挙げればきりがありません。

そんなシンガポールにある美味しいお店の中でも、シンガポール発の有名店として名高いお店のひとつが「パラダイスダイナシティ」。

四川や上海といった中国の伝統料理をベースにした創作料理が評判で、「シンガポール・ベスト・レストラン」など、さまざまな賞を受賞しています。

なかでも小籠包は看板メニュー。

実は日本でも銀座に出店していて、その味と落ち着いた空間で人気を集めています。シンガポールを訪れたら、本場のパラダイスダイナシティで絶品小籠包を楽しんでみましょう。

「シンガポールの銀座」とも呼ばれるシンガポール屈指の繁華街「オーチャードロード」のアイコン的存在が、「アイオン・オーチャード」。

この4階にパラダイスダイナシティの店舗があります。

狭い入口から店内に入り、小籠包を一つひとつ手作りしている光景が見られる厨房の前を通って客席に向かいます。

入口からは想像できないほど、客席は広く、ゆったりとしています。

シンガポールだけあって、中国的な要素を取り入れつつも、スタイリッシュで高級感のある空間。

さて、自慢の小籠包が運ばれてきました。パラダイスダイナシティには、さまざまな種類の小籠包がありますが、筆者のおすすめはやはりオリジナル。

変わりダネを試してみたいなら、それぞれ味の異なる8色の小籠包をオーダーしてみてもいいでしょう。

せいろに載ったアツアツの小籠包は繊細で、白く輝いてみえるほど。パッと見ただけでも、一つひとつ丁寧に作られていることがうかがえます。

薄く柔らかい生地の中にはジューシーな肉汁がぎっしり。口に運ぶと、上品な肉のうまみが口いっぱいに広がります。小籠包を食べるときは、中のスープでヤケドをしないように注意してくださいね。

黒酢とショウガをあわせて食べると、黒酢の酸味と苦味、ショウガの辛みが小籠包のうまみを引き立ててくれます。酸味と辛味の融合がクセになる酸辣湯や、ピリ辛の担々麺とあわせてどうぞ。

ショッピングがてら気軽に立ち寄れる便利な立地が嬉しい、パラダイスダイナシティ。特にランチタイムは混雑することも多いので、ランチ利用なら早めの時間に行くのがおすすめです。

今回ご紹介したアイオン・オーチャード店のほかにも、チャンギ空港など、シンガポール国内に計7店舗あります。シンガポールを訪れたら、ぜひ世界が認める小籠包を味わってみてはいかがでしょうか。

<お店の情報>
「Paradise Dynasty at ION Orchard」
住所:2 Orchard Turn,ION Orchard #04-12A,Singapore 238801
営業時間:11:00~22:00(土日祝は10:30~)
公式サイト:https://www.paradisegroup.com.sg

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/旅に行きたくなるメディア