カリッ、トロッ!ミシュランも認めた「わなか」のたこ焼きは大阪屈指のB級グルメ

日本が誇る食い倒れの町、大阪。

例えば、オムライス発祥のお店で味わうオムライス歴史あるジューシーなハンバーグなどの洋食に始まり、文豪も愛した老舗華風料理「一芳亭」のしゅうまいクジラのおでんで有名な「たこ梅」にジューシーな鴨をつかった焼き鳥が味わえる「とり平」、さらには1度味わってしまうと忘れられないほどの魅惑の豚足「豚足のかどや」など、数え上げれば切りがありません。

そのなかでも大阪B級グルメの定番といえば、やはりたこ焼き。派手な看板のたこ焼き屋が無数にひしめく難波や天王寺エリアの光景は圧巻です。

あまりにもお店が多すぎて、初めて大阪を訪れる人はどのたこ焼き屋を選べばいいのかわからなくなってしまうかもしれません。

大阪に数あるたこ焼き屋のなかで、最も大阪人に支持されているお店のひとつが「たこ焼道楽 わなか」。

大阪の笑いの聖地、「なんばグランド花月」のすぐそばに本店を構える行列のできるたこ焼き屋さん。「ミシュランガイド京都・大阪2016」で、「ビブグルマン」(星はつかないものの、5000円以下で食事を楽しめるコスパの高いお店)にも選ばれた実力派です。

「わなか」は、もともと、大阪屈指の繁華街である難波駅からほど近い、千日前で営業する菓子屋でした。近所の子どもに親しまれていた当時よくある店のひとつでしたが、その軒先でたこ焼きを焼き始めたことが、たこ焼き屋としての「わなか」の始まりです。

その後菓子屋をやめ、たこ焼き屋として営業するように。なんばグランド花月が現在の場所に移転したことで街に活気が生まれ、「わなか」も芸人や観光客に知られるようになっていったのです。今では大阪を中心に各地に展開し、「行列のできるたこ焼き屋さん」として、不動の人気を誇っています。

「わなか」の歴史が始まった千日前本店。朝から晩まで、ひっきりなしにお客さんがやってきます。

小さなお店ですが、「わなか」は全店舗にイートインスペースがあり、暑さ寒さをしのぎながら、座ってゆっくりたこ焼きを味わうことができるのが嬉しいですね。

店頭では、焼き師たちが串一本で次々にたこ焼きを焼き上げる、大阪らしい光景が楽しめます。

「わなか」のたこ焼きの銅板は、職人が一つひとつ手作りしたというこだわりの品。熱伝導が良く、たこ焼きの表面をカリッと仕上げることができるのだそうです。一番大きいもので、一度に90個のたこ焼きを焼くことができるのだとか。

王道のたこ焼きは8個で450円。味はソース、釜炊き塩、醤油、どろソースの4種類から選べます。また、別料金でネギなどのトッピングを追加することも可能。

花かつおが躍るアツアツのソースたこ焼き。この見た目だけで、もうたまりません。

「わなか」の真骨頂は、外はカリッ、中はトローリのたこ焼き。カリッとした表面を噛むと、中からトロトロの生地があふれてきます。出来立てアツアツなので、やけどにご注意!

昆布やかつおのダシがきいた生地は絶品で、一度「わなか」のトロトロ生地を味わってしまうと、他のたこ焼きは食べられないほどにハマってしまう人もいるとか。

特製のソースは、甘みと酸味のバランスがとれたフルーティーな味わい。ダシたっぷりのカリッ、トロッの生地と、さわやかなソース、こってりとしたマヨネーズ、香り高いかつお節とが相まって、一度食べると忘れられないおいしさ。

ひとつ、またひとつと口に運ぶごとに、笑顔の輪が広がります。

ミシュランも認めた「わなか」の味。トロトロ系たこ焼きファンなら、一度は試してみるべき大阪を代表するB級グルメです。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/旅に行きたくなるメディア

「たこ焼道楽 わなか 千日前本店」
住所:大阪府大阪市中央区難波千日前11-19 ※他店舗あり
電話:06-6631-0127
営業時間:10:00~23:00(土日 8:30~)

http://takoyaki-wanaka.com