東京駅一番街「にっぽん、グルメ街道」に新たに4店舗が加わり、3月25日にグランドオープン!

東京駅八重洲側にある「東京駅一番街」に、2016年11月22日に第Ⅰ期開業を迎えた『にっぽん、グルメ街道』。新たに4店舗が加わり、3月25日(土)にグランドオープンを迎えます。


「にっぽん、グルメ街道」は、北海道から九州までの各地から郷土色を打ち出した土地の味が楽しめる店舗を集めた、まさにグルメ街道。

向かい側には連日人気の東京ラーメンストリートもあり、さらに注目を集めるグルメスポットになりそうです。

・広島のお好み焼きのニューウェーブ「広島 電光石火」


お好み焼きでミシュランガイド広島2013特別版にも掲載されている、広島のお好み焼きやさん「広島 電光石火」。


看板メニューは店名と同じ、「電光石火」

ソース、生地、キャベツ等の素材へのこだわりと、オム包み風の見た目の美しさが目を惹きます。


素材の良さを最大限に引き出すために野菜はおさえずふっくらとした仕上がり。中には刻んだ大葉が入っており、爽やかな香りが味のアクセントになっています。

東京初出店の広島お好み焼き「広島 電光石火」で本場の味を堪能してみてはいかがでしょうか。

・鹿児島で行列必至の黒豚とんかつ専門店「鹿児島 黒かつ亭」


行列覚悟の人気店が県外初出店!旨味・食感・柔らかさを追求した黒豚とんかつ専門店「鹿児島 黒かつ亭」

厳選した黒豚を使用し、特有の旨味・甘味を引き出すためにじっくり熟成するというこだわり。


人気の黒かつ定食は、鹿児島県産の六白黒豚のひれかつとロースかつの両方が楽しめます。あっさりと食べられるひれかつは身も柔らか。脂身の甘みが美味しいロースかつは、特製フルーツとんかつソースとの相性もバッチリ!

とんかつを楽しむために3種のソースが付いており、お好みの味を楽しむことが出来ます。また、定食のご飯は鹿児島の伊佐米コシヒカリを使用しており、ふっくらつややか。具だくさんの豚汁も嬉しい。キャベツはおかわり自由です。

この他にも豊富な定食メニューが用意されています。

・博多の老舗明太子メーカー「かねふく」が運営する「博多かねふく ふく竹」

博多の老舗明太子メーカー「かねふく」の明太子をふんだんに使用した名物の明太もつ鍋をはじめ、九州の素材を活かした郷土料理が楽しめます。


一品料理でオススメなのが、「長崎直送 お刺身三点盛り」と、「明太子の天ぷら」

お刺身の三点盛りは、毎朝長崎で水揚げされたお魚が空輸で届けられたものをお刺身にしているので、新鮮そのもの!

明太子の天ぷらは、明太子好きならたまらない逸品。とびきり大きな明太子を天ぷらにしているので、食べ応えとプチプチとした食感は最高です!


名物の明太もつ鍋の明太子の多さと迫力にビックリ!たっぷりの明太子とプリプリのもつが美味しい。締めの雑炊もお忘れなく!

ランチメニューも豊富なので、昼夜問わず楽しめますよ!

・こだわりの干物と和酒が愉しめる「諸国 ひものと」


こだわりの干物や、日本の発酵食を取り入れた料理が味わえる和食店「諸国 ひものと」。


島根県の浜田港で水揚げされた真鯵で、脂質量・サイズを限定したブランド鯵を干物にした「どんちっち鯵」は、ふっくらジューシーで口の中で広がる脂が美味しい。相性の良い日本酒「木戸泉」と是非一緒に!

脂がのった金華サバを上品な燻製に仕上げた「金華サバの生ハム」は、日本酒だけでなくワインとの相性もバツグン。


それぞれのお料理に合ったお酒も提案してもらえるので、マリアージュも気軽に楽しめます。


また、朝7時~9時30分までは朝食を、10時~15時まではランチメニューで和定食が楽しめます。日本らしい和定食が楽しめるので、サラリーマンや外国からの観光客が多く利用する東京駅では喜ばれそう!

朝から晩まで楽しめる、東京駅一番街内「にっぽん、グルメ街道」で郷土色豊かなグルメを堪能してみてはいかがですか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 にっぽん、グルメ街道
住所 東京都 千代田区 丸の内1-9-1 東京駅地下1階 東京駅一番街南側
営業時間 10:00~23:00
ホームページ http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/2016gourmet/



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : にっぽん、グルメ街道

住所 : 東京都 千代田区 丸の内1-9-1 東京駅地下1階 東京駅一番街南側