ここはカフェ?いえ、ネパール・インド料理店です!東京杉並区・西荻窪「サジロクローブ」

個人経営のお店を中心に、個性溢れる飲食店が並ぶ東京・西荻窪。

例えば、最高のタンメンを味わえるお店として熱狂的なファンも多い「はつね」や、隠れ家的な中華店として多くの著名人もお忍びで通う「ジョカサア」、さらに美味しい熊本ラーメンを味わえる「ひごもんず」など、東京の他のエリアではなかなかお目にかかれない味わい深いお店が所狭しと集まっています。

そんな個性的な飲食店が集まっている西荻窪(ニシオギ)に、従来のネパール・インド料理店のイメージを覆すお店があります。

それが今回ご紹介するお店、「サジロクローブ(Sajilo Clove)」です。

現地出身のシェフが腕をふるう本格ネパール・インド料理が楽しめるお店でありながら、そのたたずまいはまるでおしゃれなカフェのよう。

そこにいるだけで心安らぐ、洗練された心地よい空間です。

筆者がお店を目指して西荻窪の街を歩いていたとき、「おしゃれなお店だな」と思って目を留めたら、そこがサジロクローブだったという出来事がありました。カフェなのか、はたまたアンティーク雑貨のショップか・・・道行く人々も、「なんのお店だろう」と足を止めていたようでした。

心を躍らせながら店内に入ると、そこは白を基調としたナチュラルテイストの素敵な空間。アンティーク調の家具がほっとするような温かい雰囲気を醸し出しています。

この日は夜の訪問だったため、デザートやドリンクも付いたインド料理のディナーセットをオーダー。ほかに、ネパールの定食「ダルバート」や、単品メニューもあります。

ディナーセットは、ダル(豆)スープから始まり、続いてチキンティッカのサラダ添えが登場。「チキンティッカ」とは、バーベキューチキンのことで、骨つきのものが「タンドリーチキン」、骨なしのものは「チキンティッカ」と呼ばれます。

バーベキューの香ばしい香りが食欲をそそるチキンティッカ。その予想以上の大きさにびっくりです。スパイスで香りづけされたチキンは、外はカリカリ、中はジューシー。ボリュームたっぷりで大満足の一品です。

次に好みのカレーと、ナンまたはライスをいただきます。

写真に納まりきらないほど大きなナンはアツアツ、フワフワ。ナンをちぎって、カレーを付けて口に運ぶ瞬間・・・まさに至福の時。

色々な野菜をじっくり煮込んだベジタブルカレーは、まろやかなコクが広がる優しい味わい。絶妙に調合されたスパイスのバランスが見事です。

サジクローブのカレーは基本的にマイルドで、辛いものが苦手な方も安心。反対に、辛いものが好きならば、その旨を伝えて辛くしてもらうことができます。

食事の後はデザート。インドのアイスクリーム・クルフィー、ミルクぺダ、ヨーグルトベリーの3種類から選ぶことができます。今回は後味さっぱりのヨーグルトをチョイス。マイルドな味わいの自家製ヨーグルトに、心も体も癒されるかのようです。

最後は、チャイまたはラッシーで締めくくります。コース形式でインドの美食を堪能できたディナーセットに大満足。

スタッフのフレンドリーな接客も心地よく、一度足を運べば、きっと「また来たい」という気分にさせられるばす。

ただおしゃれなだけじゃない。サジロクローブは、料理もサービスも心に残る珠玉のお店なのです。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 サジロクローブ(Sajilo Clove)
住所 東京都杉並区西荻北3-42-13-1F
営業時間 月~金 11:30 – 15:30 (ラストオーダー 15:00)、18:00 – 23:00 (ラストオーダー 22:30)
土日祝日11:30 – 23:00 (ラストオーダー 22:30、ランチメニューラストオーダー 15:00)
公式HP http://sajilocafe.jp/



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : サジロクローブ(Sajilo Clove)

住所 : 東京都杉並区西荻北3-42-13-1F