宮崎の郷土料理を堪能できる!宮崎県日南市「塚田農場」の春の新メニューが4月24日から新登場!

宮崎料理を堪能できる郷土料理のお店を全国に展開する「塚田農場」。

その塚田農場が、4月24日から九州の旬の食材を使った「春限定メニュー」の提供を開始しました。

塚田農場は、宮崎県日南市のとれたての食材を毎日各店舗に直送し、自社養鶏場で育てたこだわりの地鶏や、 漁場直結の新鮮な鮮魚などを低価格で提供することを実現しているお店です。

今回ご紹介するのは、通常ではなかなか食べることができない塚田農場こだわりの「春限定メニュー」。

・焼肉虹ピー

まずご紹介するのは、ピーマンの中に焼肉を閉じ込めて提供される「焼肉虹ピー」。虹色のピーマンの中に、ピリ辛の焼肉を丸ごと詰めて提供するというなんとも斬新なメニューです。

ピーマンを豪快に手で割り、虹色ピーマンに焼肉を添えて食べる食べ方。焼肉のタレにすりおろしりんごが入っているように、ピリ辛の焼肉と甘い虹色ピーマンの相性が抜群です。

乾杯のビールとともに、豪快にかぶりついて食べてみてください。

焼肉虹ピーに使われている「虹色ピーマン」は、宮崎県西都市のピーマン農家の農園で採れたもの。ちぐさピーマンの中でも緑色から黄色や赤色が変化した、色鮮やかな虹色ピーマンです。

まばら色の虹色ピーマンは、糖度がフルーツトマトに近いのでえぐみが少なく、肉厚でジューシーなのが特徴。

塚田農場でのみ提供している特別なピーマンです。

・えのきナーラ 1/4

次にご紹介するのは、日本一長い全長30センチの「パスタえのき」を使用したメニュー「えのきナーラ 1/4」です。

約30センチの長いえのきを麺に見立て、パスタとして商品開発。シャキッとした食感のパスタえのきに濃厚なカルボナーラソースと、塚田農場オリジナルの卵「塚だま」の黄身がよく絡み、新しい感覚の麺料理が楽しめます。

通常の麺に比べ、カロリーは4分の1。飲みの席のシメに食べても罪悪感なし!是非一度新感覚のパスタを味わってみてください。

「えのきナーラ 1/4」に使用しているえのきは、約10センチほどでで流通している通用サイズのえのき(写真下:右)に比べて、全長30センチと日本一長い「パスタえのき」(写真下:左)。

宮崎県のえのき農家が、通常の3倍に当たる日本一長い30センチのえのきの生産に挑戦して、このメニューの提供が実現しました。

通常のえのき茸は、約2ヶ月ほどで栽培されているところを「パスタえのき」は、さらに2週間ほどかけて20センチほど長く育てているのだとか。

こちらも、塚田農場でのみ提供している特別な「パスタえのき」です。

・定番メニューのみやざき地頭鶏(じとっこ)

塚田農場名物料理「みやざき地頭鶏(じとっこ)」のメニューで「みやざき地頭鶏 もも焼」と「むね焼 自家製ねぎ生姜」も人気です。

豪快な炭火で一気に焼き上げる「「みやざき地頭鶏 もも焼」や、歯切れの良い弾力がある「むね焼 自家製ねぎ生姜」も新メニューと合わせて食べてみてはいかがでしょうか。

宮崎のとれたての食材を毎日直送し、宮崎の味を存分に味わえる「塚田農場」で、新メニューとともに宮崎料理を堪能してみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 宮崎県日南市 塚田農場 品川高輪口店
住所 東京都港区高輪3-26-33 パル品川2F
営業時間 【月~土】17:00~23:30(L.O.22:30、ドリンクL.O.23:00)
定休日 日曜日(ビル休館に準ずる)
お店のHP http://www.tsukadanojo.jp