シリアルナンバー付きピザが絶品!クリーミーで濃厚なピザを味わえる神戸市中央区「ピノッキオ」

神戸の三宮にある「ピノッキオ」。1962年創業の老舗イタリアンレストランです。

創業から50年以上経った歴史あるイタリアンレストラン「ピノッキオ」は、かの村上春樹氏の「辺境・近境」にも登場し、毎年ノーベル文学賞発表時は多数のハルキストの方々が押し寄せるのだそう。

神戸のグルメ本、旅のガイドブックに必ずと言っていいほど掲載されている「ピノッキオ」は、密かなファンが遠方からわざわざ訪れるほど絶品の料理を提供するお店です。

メインメニューの豊富な種類のピザをはじめ、パスタ・オードブル・グラタン等、イタリアンレストランならではのメニューを楽しむことができます。

店内は、創業当時の古き良き時代の懐かい面影を残し、訪れた方々がどこか懐かい想いを抱かせる雰囲気になっています。

イタリアンレストランというと敷居が高い印象がありますが、ピノッキオはランチメニューもあり、気軽にピザ、パスタ、リゾットなどをいただくことができます。

ランチは「ピザセット」、「パスタセット」、「グラタン・ドリアセット」の3種類。ミニサラダ&ソフトドリンク付です。

中でもオススメは「ピザセット」。ピノッキオ、コンビネーション、神戸っ子ピザの中から選ぶことができます。

・「ピノッキオ」ピザ

ピザセットを選択したらぜひ食べていただきたいのが「ピノッキオ」ピザ。店名がそのままメニュー名になっている「ピノッキオ」は、ホワイトソースとモッツァレラチーズのシンプルな組み合わせ。

独自の秘法で焼き上げたクリスピーなピザ生地はサクッサク。水を使わず、牛乳とスパイス14種類を練り込む独自の製法で、サクサクッとした食感に仕上げているのが美味しさの秘密なのだとか。

チーズにもこだわりオランダ産ゴーダ、デンマーク産モッツァレラの2種類を使用。

ホワイトソースとモッツァレラチーズがとろりとろけてまるでグラタンのようにミルキーな味わい。シンプルだからこそ味わえる絶品ピザをぜひ味わってみてください。

ピザには、創業当時から1枚ずつシリアルナンバーがついているのが特徴。紙は記念に持ち帰ってもいいでしょう。

お店は24時まで営業しているので、会社帰りでもふらっと立ち寄ることができます。

神戸の歴史あるイタリアンレストラン「ピノッキオ」に一度は訪れてみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 ピノッキオ (PINOCCHIO)
住所 神戸市中央区中山手通2丁目3-13
営業時間 11:30~24:00(LO.23:30)
定休日 なし
お店のHP http://www.collodi.co.jp/pinocchio_top/index.html