マツコも絶賛した最高のハムカツサンドを食べよう!東京中央区銀座の「チョウシ屋 (ちょうしや)」

名前を聞くだけで身が引き締まるような高級店ばかりが軒を連ねる場所、「東京銀座」。

実は銀座だからこそ生まれ、研ぎすまされてきた味があることをご存知だろうか。

その美味しいグルメの1つがサンドイッチだ。

なぜ銀座でサンドイッチなのか?という理由には諸説あるようだが、銀座で15年以上バーを続けているマスター曰く、銀座で働く女性達にとって、仕事前の短い時間で簡単に食べられる、そして衣装が汚れにくいという理由で、サンドイッチが好まれてきたそうだ。

例えば、銀座のクラブ御用達のサンドイッチといえば、「みやざわ」であるし、極厚サンドイッチといえば「アメリカン」が有名であるし、やわらかな牛フィレを堪能できる「グリル梵」のビーフヘレカツサンドに、アンパンで有名な銀座木村家のエビカツサンド、そしてカツカレー発祥のお店「銀座スイス」の「カツカレーサンド」など、数え上げればきりがない。

そんなサンドイッチだけでも多くの名店がひしめく銀座に、今から90年も前から営業を続けるお店がある事をご存知だろうか?

それが今回ご紹介する「チョウシ屋」だ。

・創業1927年(昭和2年)の名店
1927年といえば大正から昭和への時代が変わった年。

当時は、チャールズ・オーガスタス・リンドバーグが「スピリット・オブ・セントルイス」と名づけた単葉単発単座のプロペラ機でニューヨーク・パリ間を飛び、大西洋単独無着陸飛行に初めて成功した年。

日本では新宿の中村屋がカリーライスの売り出し開始し、三越が日本初の自動扉エレベーターなどを備えて関東大震災からの復興をとげていた。

そんな時代に産声をあげたのがこのチョウシ屋なのだ。

・あのマツコ・デラックスも絶賛の味
こちらのお店の最も有名なメニューはハムカツサンド。

あのマツコ・デラックスやアンジャッシュの渡部も愛して止まない味がそこにはある。

たっぷりのラードで揚げられたハムカツにチョウシ屋特製ソースをかけ、しっとりとした美味しい食パンに挟んだだけのシンプルなハムカツサンドは、ひとくち食べればどこか懐かしい味わいのする、でも味わい深いハムカツサンドであることがわかる。

またハムカツサンドのハムカツは2枚のハムを重ねる事で作られている。

その2枚分のハムの食感が何ともいえずいい塩梅で、食感も味わいも後引く、まさに最高のハムカツサンドなのだ。

・劇ウマのコロッケパン
ハムカツサンドも美味しいのだが、もう1つオススメしたいものがある。

それがこちらのコロッケパン。

特筆すべきはコロッケ。ゴロゴロとしたジャガイモの塊が入っているコロッケは、ジャガイモのホクホク感や香りをしっかりと感じられるコロッケに仕上がっている。

そしてそのままでも美味しいコロッケを、チョウシ屋特製のソースで味付けし、フカフカの優しい甘みのコッペパンではさんだのが、こちらのコロッケパンだ。

非常にシンプルながらも、まさにコロッケパンの王道と言っても過言ではない味わいは、まさに感動すら覚える味わいだ。

シンプルながらも美味しいサンドイッチを提供し続ける、銀座の名店「チョウシ屋」。

もし東京・銀座を訪れるのであれば、長い昭和、平成の歴史とともに歩み続けてきたこちらのお店に立ちよってみてはいかがだろうか?

そこにはきっと、元号が変わっても、多くの人々にこれからも愛され続ける、本当に美味しいサンドイッチがあるに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 チョウシ屋 (ちょうしや)
住所 東京都中央区銀座3-11-6
営業時間  11:00~14:00 16:00~18:00(売切れ次第 営業終了)
定休日 土日月祝



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : チョウシ屋 (ちょうしや)

住所 : 東京都中央区銀座3-11-6