ハンガリーグルメとお土産選びはココ!美しすぎるブダペスト中央市場が面白い!

ハンガリーの首都ブダペストは、ヨーロッパの中でも急速に発展を遂げている都市の一つ。「東欧のパリ」と称されるほど美しい街並とオリエンタルな文化の名残が共存し異国情緒が溢れます。

ブダペスト中央市場には、お土産にピッタリな東欧雑貨からハンガリー産のフォアグラまでが店頭に並びます。お得にグルメを楽しめるフードコートもあり、是非ブダペスト旅行で立ち寄りたいスポットです。ドナウ川から少し入った通りの歩行者天国「ヴァーツィ通り(Váci utca)」は、観光客に人気のレストランやお土産店で賑わうスポットです。ブダペスト中央市場は、ヴァーツィ通りの端に位置します。

カラフルな装飾に重厚感のある建物は一見マーケットのようには見えず、まるで市庁舎やお城のような美しさ。

1897年に完成した建物は、ブダペスト工科大学教授ペッツ・シャムによって建設された3階建ての建物です。

屋根に敷き詰められたカラフルな瓦は、ブダ王宮エリアにある歴史的な教会「マーチャーシュ聖堂」を彷彿とさせます。

その理由は屋根の瓦にあります。マーチャーシュ聖堂とブダペスト中央市場の屋根の瓦は、ハンガリーの名窯「ジョルナイ」の陶器が使われています。ブダペストで最も大きな規模を誇る中央市場は、1階はハンガリーの伝統的な食材がずらりと並ぶ「ブダペスト市民の台所」といった雰囲気です。
1階のマーケットで最も人気なのは、ハンガリーが世界一の生産量を誇る「フォアグラ」を販売するお店やサラミなどの加工肉を扱うお店。
お店の人と話じっくりと吟味して選ぶのが市場の醍醐味です。ハンガリーで作られたサラミはヨーロッパ諸国でも定評のある美味しいさで、ハンガリー名物のパプリカ入りのサラミは一度試して見る価値アリ。
中央市場の2階はハンガリー土産にピッタリな雑貨のお店が軒を連ねます。

市場の屋根にも使用されているジョルナイ社の陶器を使った置物や、ハンガリーの民族衣装を着た人形など華やかな雑貨は、見ているだけでも十分に楽しめるはず。

「カロチャ刺繍」と呼ばれるカラフルなレース刺繍の布は、カロチャ地方に古くから伝わるハンガリーの伝統工芸品です。カラフルな花は、パプリカの花をモチーフにしてハンドメイドで作られています。

さて、ショッピングを楽しんだ後には、2階にあるフードコートでハンガリー料理に挑戦して見ましょう!
パプリカをたっぷりと使ったシチューの「グヤーシュ」は、ハンガリー旅行で外せない料理です。チェコやポーランドでも良く食べられているグヤーシュですが、実はハンガリーが発祥の地。

ここでは欲しい料理を取り分けるスタイルのお店もあり、気軽に食事を取れるので「ひとり飯」にもオススメです。

ぜひブダペストを訪れた際には、ハンガリー文化がぎゅっと詰まった「ブダペスト中央市場」を訪れて見ませんか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 ブダペスト中央市場(Nagy Vásárcsarnok)
住所 Budapest, Vámház krt. 1-3, 1093 ハンガリー
アクセス メトロ4号線Fővám tér駅下車すぐ
営業時間 月曜日 6時~17時、火曜~金曜日 6時~18時、土曜日6時~15時
定休日 日曜日
公式サイト http://www.piaconline.hu/new/index.php