日本のウイスキーの原点の1つ、大阪・山崎の「サントリー山崎蒸留所」

多くの人々を魅了しつづけるお酒の1つ、ウイスキー。

世界には5大ウイスキーと呼ばれる地域があり、日本のウイスキーもその1つです。
※5大ウイスキーとは、スコットランド・アイルランド・アメリカ・カナダ・日本の5つ。しかしながら、現在ではベルギーや台湾など、これまでウイスキーの製造をしてこなかった国でもウイスキーが作られています。

ジャパニーズ・ウイスキー「山崎」の名前が世界にとどろいたのはつい最近の2014年のこと。

イギリスのウイスキー専門誌であるワールド・ウイスキー・バイブルが選ぶ世界最高のウィスキーにサントリーの「山崎シングルモルト・シェリーカスク2013」が日本から初めて選出されたことで、日本の全てのウイスキーが世界的なブランドへと押し上げられました。

それゆえ、日本のウイスキーは現在では非常に高額な価格で取引されています。

今回はそんな日本のウイスキーを世界的ブランドへと押し上げた、山崎を生んだ「山崎蒸留所」をご紹介します。

「山崎蒸留所」の見学は予約制

特に有料のツアーは人気のため、事前に予定を組んでお出かけください。

日本のウイスキーの歴史を感じられるたくさんの資料は、これまでのジャパニーズ・ウイスキーが辿ってきた道のりが決して平坦ではなかった、と感じる事ができるに違いありません。

工場見学のハイライトともいえるのが試飲コーナー。

美味しいウイスキーをたっぷりと堪能することができます。

山崎蒸留所の最大の特徴は水。

万葉の歌にも詠まれるほどの名水の里として知られる山崎蒸溜所周辺には、環境省が選定した日本名水百選にも選ばれる「離宮の水」が今もこんこんと湧き出しています。

山崎蒸溜所では、幾年もの時間をかけて育まれた、清らかで良質な地下水を仕込水として使用しています。そんな水を使ったウイスキーをゆったり好きなだけ飲むことができます。


ウイスキーは、長い熟成期間が必要なお酒。

樽の中でゆっくりと時間をかけて熟成させることで、ウイスキーならではの色と共に、香り、味わいなども深まります。

樽の素材や水、そして麦芽など、それぞれが持つ材料が時間とともにゆっくりと変化していった結果、それぞれの樽の中で違う味わいが育まれ、グラスの中で1つ1つの強烈な個性を解き放つ、まさに育まれた時間そのものを味わう飲み物、それがウイスキーなのです。

テイスティングカウンターでは、限定ウイスキーや原酒などここでしか味わえないウイスキーも試飲できます。

有料試飲コーナーでは、なんと100円から日本、世界各国のウイスキーを試飲することができるので、自分好みのウイスキーを探してみるのも良いかもしれません。

普段見ることのできない工場の中を見学し、世界中のウイスキーを思う存分堪能できる「サントリー山崎蒸留所見学ツアー」。

美味しいウイスキーとともに、時間を味わう、そんな旅に出かけてみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名称 サントリー山崎蒸留所
住所 大阪府三島郡島本町山崎5-2-1
アクセス JR山崎駅から徒歩10分。阪急大山崎駅から徒歩10分。
営業時間:10:00~16:45(最終入場 16:30)
WEBサイト http://www.suntory.co.jp/factory/yamazaki/

その他のウイスキー工場に関する情報
【酒紀行】日本のウイスキーを作った男! 竹鶴政孝が夢見た未来を実現する『仙台峡蒸溜所』 http://gotrip.jp/2014/05/4328/
台湾観光の新定番!?世界1位に輝いた台湾ウイスキー「KAVALAN(カバラン)」の工場を見学してみた http://gotrip.jp/2016/01/26348/