【世界の美食】エストニアのリゾート地パルヌにある高級レストラン「レストラン・イーグル」


バルト三国最北の国、エストニアの西部にあるパルヌ(Pärnu)は、バルト海パルヌ湾に面したリゾート地として有名。

このパルヌに2015年秋にオープンしたパルヌ・ベイ・ゴルフ・リンクス(Pärnu Bay Golf Links)は、広大な敷地を持つゴルフ場、そして、サウナ、ショップ、カフェラウンジ、レストランを併設した海沿いのクラブハウスを備えた一大リゾート施設です。

クラブハウスの2階にあるゴルフレストランイーグル(RESTAURANT EAGLE)は、ビーチと松林に面したロケーションで、大きな窓からは海とゴルフ場を臨むことができる開放感のあるレストラン。

窓からは降り注ぐ明るい日差しを浴び、海風に揺れる松の木を眺めていると、自分が海のすぐそばにいるのを実感できます。

海に面したパルヌのレストランというだけあって、ここはおいしいシーフードや魚料理が自慢。

焼いた海老、ムール貝、帆立貝柱、スモークサーモン。どれもシンプルな味付けで素材そのもののおいしさを楽しめます。

ゴマやナッツがトッピングされた自家製の黒パン。ハーブ入りのホイップバターがよく合います。

タラのムニエルと2色のピュレ。色合いも盛り付けも美しく、洗練されていました。

肉厚のタラの身はふっくらとして柔らかく、臭みはまったくありません。

根菜チップスのパリパリとした歯触りも楽しく、濃厚なグリーンピースのピュレにつけていただくと、いくらでも食べられそうなおいしさ。

食べる前には見た目と香りを楽しみ、食べている最中は食感と味覚のコントラストを楽しめるよう計算された一皿で、まるで飽きることがありません。

デザートはサワークリームを添えたチョコレートフォンダン。

熱々でサーブされたフォンダンはトロリととろけ、濃厚でほろ苦いカカオが香り立ちます。

とけた温かいチョコレートとサワークリームが口の中で混ざり合い、フルーツのほのかな酸味もアクセントになって、舌に幸福な余韻を残してくれました。

ゴルフレストランイーグルは、ゴルファーのための施設という印象を持たれるかもしれませんが、食事だけを楽しみに訪れても十分満足できる、レベルの高いレストラン。

パルヌ湾の近くで、洗練された雰囲気の中、おいしいシーフードを堪能したい方におすすめです。

提供:CAITOプロジェクト
Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

【施設詳細】
名称 Pärnu Bay Golf Links RESTAURANT EAGLE
住所 Klubi tee 1, Reiu village, Tahkuranna, Pärnumaa Estonia
電話 +372 44 92 222
営業時間 ラウンジ:毎日10:00~19:00、レストラン:金曜~土曜14:00~22:00、日曜13:00~21:00
公式サイト http://www.parnubay.com/
公式FBページ https://www.facebook.com/EagleParnuBay/