長野県木曽郡の秘境、王滝村・おんたけ湖でカヌーツーリングを楽しもう!

長野県木曽郡王滝村。標高3,067メートル、日本で富士山の次に高い独立峰である御嶽山から木曽川に流れ込む王滝川に沿って進むと現れるのが、人口約700人の村「王滝村」です。

かなりの山奥にあり、県境も超えられないほどの行き止まりの場所にある王滝村は、かつては御嶽教と木材で栄えた村ですが、今は忘れ去られた静かな山奥の村となっています。

そんな大自然の秘境ともいえる王滝村で体験できるのが、おんたけ湖のカヌーツーリング。

おんたけ湖は、1961年に愛知用水の水源として誕生したダム湖。およそ半世紀にわたって王滝村の暮らしを見守りつづけ、村人だけではなく訪れる多くの人々に親しまれている美しい湖です。

標高900メートルに広がるその湖面を、レクリエーショナルカヌーで渡っていくおんたけ湖カヌーツーリングは、季節ごとの山々と森林の景色を楽しめる、とても気持ちの良いアクティビティ。

インストラクターの案内のもと、安定感のあるレクリエーショナルカヌーを使用してのんびり進んでいくので、カヌー初心者の方も安心です。

風のない日には湖面が鏡のようになり、まわりを囲む山々を湖面に映し出します。

右へ、左へと自分のペースでパドルを操り、進んでいく爽快感!

水もきれいで透明度が高く、日なたの湖面は日の光を受けてわかりにくいのですが、日陰へ入るとカヌーの上から水の中を泳ぐ魚の姿も見ることができます。

インストラクターさんの後をついてカヌーでしか行くことのできない場所へ行ってみましょう。

上流のほうは岩が連なっているので、カヌーでこられるのはここまで。サンダルなどの濡れてもよい靴を履いていれば、岩の上に立って歩くことも可能。

カヌーでしか行けない場所、カヌーでしか味わえない景色が、ここにあります。

筆者が訪れた9月下旬はまだ一部の木々が色づき始めている状態でしたが、10月後半、秋が深まってくると、山々が赤や黄色に染まり、無数の落ち葉が湖面を秋の色に染め上げる幻想的な光景が見られるとのこと。

一面の紅葉の中でのカヌーツーリングは、きっと忘れられないロマンティックな思い出になることでしょう。

王滝村おんたけ湖カヌーツーリングのツアーは事前予約制となっており、電話、もしくはじゃらんでのネット予約が必要です。

カヌーツーリングは、ひとりでもグループでも体験可能。小学生以下は保護者同乗で2人乗りとなりますが、4歳から参加可能なので、家族でのレジャーにもおすすめ。料金、時間、開催時期などの詳細は、おんたけ湖カヌーツーリング(公式サイト)にてご確認ください。

なお、王滝観光総合事務所 TEL 0264-48-2257(毎日9:00~17:00)に電話で予約をすると、王滝村内で利用できる500円券とオリジナルボトルウォータープレゼントの特典があってお得です。

おんたけ湖カヌーツーリング場所までのアクセス方法なども丁寧に説明してもらえますよ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

【施設詳細】
名称 王滝観光総合事務所 おんたけ湖カヌーツーリング
住所 長野県木曽郡王滝村2758-1
電話 0264-48-2257(毎日9:00~17:00)
公式サイト おんたけ湖カヌーツーリング