【暮らすように旅するフランス】パリの伝説の大衆食堂「ブイヨン・シャルティエ(Bouillon CHARTIER )」で味わうフランスのエスプリ

「花の都」として世界中の人々から賞賛されているフランス・パリ。

ミシュランの星が与えられたレストランの数でも東京に次いで世界第2位であるパリは、やはりヨーロッパにおける食文化の中心の1つといっても過言ではありません。

そんなパリの街中に「伝説のレストラン」と呼ばれる大衆食堂がある事をご存知でしょうか?

それが、今回ご紹介する大衆食堂「Bouillon CHARTIER (ブイヨン シャルティエ)」。

ビジネスマンが多く行き来する金融街の真中心に位置するグラン・ブールバール駅から徒歩1分ほどにあるこのレストランは、1896年にChartier(シャルティエ)兄弟によって創業されました。

店内は、19世紀末から第一次世界大戦勃発(1914年)までのパリが繁栄した華やかな時代(ベル・エポック)に生まれた内装となっており、当時の文化や雰囲気がそのまま残っています。

店内はかなり広いのにもかかわらず、いつも大盛況となっていますし、お昼時ともなると行列ができるほどのお客さんでいっぱいです。

こちらのお店は予約などを受け付けていないので、行列待ちを避けたい場合は開店前に出向くのがオススメ。また、3名以下で入店する際は、ほとんどの場合が相席になるというお店のため、地元パリの知らない人との会話を楽しめるかもしれません。

ワイワイと楽しそうに食事をする地元のお客さん達、白いシャツに白いエプロン、そして黒いベストを身にまとったウェイター達のテキパキとした働きっぷり、そんなお店がもつ活気に溢れた雰囲気は、このお店が愛される理由の1つでしょう。

メニューは、スーパーのチラシ広告のような紙切れ一枚で出来ています。

その日の料理に合わせて毎日刷り直しているからだそうです。

こちらのお店のメニューは前菜からメインまで全てが大変お手頃な価格設定になっており、パリ市内において気軽に王道のフランス料理を食べられる事でも有名です。

そんな王道のフレンチをその日ごとのメニューで楽しめる、そんなお店が大人気となるのは当然ともいえるかもしれません。

例えば、子牛肉のステーキにマッシュルームのソテーは、約10ユーロでボリューム満点。

会計の際にはギャルソンがテーブロクロスに直接ペンで金額を書き込んだり、ワインのグラスが普通のガラスコップだったり、料理以外にもフランス・パリのこのレストランがもつ歴史をたっぷりと楽しめるのが、こちらの大衆食堂なのです。

パリを訪れた際には、100年以上もの間、パリに住む人々の胃袋を満たしてきた伝統の味を、フランスパリの華やかな雰囲気に浸りながら堪能してみてはいかがでしょうか?

もし、もっとパリに住む人々のような気分を楽しむのなら、ウェイターさんを呼ぶときにはフランス語での「ムッシュ!(Monsieur!)」と声をかけてみてはいかがでしょう。

このレストランで、きっと新しいパリの魅力を感じたあなたは、いままでよりももっとパリの事が好きになってしまうに違いありません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 Bouillon CHARTIER (ブイヨン シャルティエ)
住所 7 Rue du Faubourg Montmartre, 75009 Paris, フランス
電話 +33 1 47 70 86 29
営業時間 11時30分~0時00分(休業日なし)
ホームページ http://www.bouillon-chartier.com/en/