台湾・台北に行ったらローカルの美味しい朝ご飯を食べよう!/ 台北市林森北路の「世界豆漿大王(シィジエドウジャンダーワン)」

外食文化の発達している台湾では、地元の人々は朝ごはんを外で食べる習慣があります。

自炊するよりも手軽に安くて美味しい料理が屋台などで味わえるという台湾の事情もあって、朝ご飯専門店が数多く存在しています。

また、人気の朝食専門店では朝から長蛇の列ができています。

中でも台湾の定番の朝ごはんと言えば、「豆漿(ドウジャン)」とよばれる豆乳のお店。

台湾の首都・台北市内にも数多くのお店がありますが、今回はローカルの方にも人気の美味しいお店をご紹介しましょう。

お店の名前は「世界豆漿大王(シィジエドウジャンダーワン)」。

・初心者でも安心して入れる豆乳店
「世界豆漿大王(シィジエドウジャンダーワン)」は台湾人夫婦で経営されている、地元の方にも人気のお店です。

最寄り駅はメインステーションでもある「台北」駅から2駅ほど地下鉄で移動した「雙連(シャウリェン)」駅。駅から10分ほど歩いたところにあるこちらのおみせは大きい黄色の看板が目印です。

店内に入るとたくさんのメニューに驚くかもしれません。

こちらのお店では、メニューの下に料理名と説明文が日本語で書かれているメニュー表も貼ってあるので、中国語が読めなくても指差しで店員さんに注文できるので安心です。


・豆乳店ならではのメニュー豆漿を注文
豆漿には温かいもの、冷たいもの、甘いものから塩味のものまであります。

オススメは鹹豆漿(シェンドウジャン)。

鹹豆漿とは温かい豆乳に切干大根や高菜、揚げパン、ネギなどが入っている塩味の豆乳スープ。

お酢と醤油で味付けされているので、はっきりとした味わいですが、台湾ならではの味わいを感じられる逸品です。

・豆乳メニュー以外も豊富なラインナップ
もちろん豆乳以外にも美味しいメニューがたくさんあります。

たとえば、培根蛋餅(ベイゲンダンピン)というベーコンと卵焼きが包まれた台湾風クレープ。

パリッとしたクレープ生地と甘辛いタレがかかっていて、ベーコンの塩味とのコントラストがやみつきになる一品です。

そして台湾式のおにぎりとも言える飯糰(ファントォアン)。

肉鬆(ローソン)という豚肉のデンブの他に高菜、切干大根、揚げパンなど、餅米のおにぎりの中にたくさん具材が入っています。

濃いめの味付けで、日本のおにぎりとは全く違う台湾ならではのおにぎりも、台湾を旅するなら味わっておきたいところ。


お店が一番混むのは朝8時から9時頃とのこと、ゆっくり食事をしたい方には少しピーク時間をずらすのも良いかもしれません。

ただ、完売してしまうメニューもあるのでお目当てのメニューがある方は朝早めに行くのがよいかもしれません。

ホテルでの朝ごはんも良いですが、台湾にきたのなら、ぜひ台湾式の朝ごはんで旅情を感じてみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 世界豆漿大王(シィジエドウジャンダーワン)
住所 台北市林森北路310巷27號
営業時間 6:00~11:30、18:00~22:30
定休日 1ヶ月のうち1日間(不定期)