元銭湯がアートなカフェに!?ノスタルジックなマジョリカタイルに囲まれた京都の銭湯カフェ「さらさ西陣」

全国各地には個性的なカフェがたくさんあります。特にカフェ好きなら旅先ではその土地でしか味わうことができない魅力あるお店に入りたいもの。

今回ご紹介するのは、京都でも珍しい銭湯をリノベーションしたカフェ「さらさ西陣」。「さらさ西陣」は、京都市北区にある千本鞍馬口のバス停から歩いて5分くらいの場所にあります。

映画「千と千尋の神隠し」のお風呂屋さんのような風格のある唐破風の屋根が印象的です。

大正時代からの面影そのままに残る建造物は築80余年。当時の銭湯旧藤ノ森温泉をリノベーションし、さらさ二号店として2000年に「さらさ西陣」をOPENしたのだそう。

・オリエンタルな雰囲気を漂わせるマジョリカタイル

銭湯の面影を色濃く残す外観に、店内は鮮やかなマジョリカタイルの壁が全面に埋め尽くされており、初めて訪れた方はきっとその不思議な世界観に引き込まれてしまうでしょう。

このタイルは、社長さんが一目惚れしたのだそう。ノスタルジックなマジョリカタイルはどこか懐かしく温かみを感じます。

壁には脱衣所の鏡がそのまま残されており、こちらも銭湯の面影が残っています。

店内奥に入ると、男湯と女湯の仕切りを思わせる跡の壁が残されており、その他にも店内には銭湯を思わせるものが点在しています。

・解放感のある高い天井から優しい光が差し込む

高い天井も銭湯の名残が残っています。当時は湯気がこもらないよう天井を高くして窓を設けていました。その窓をそのまま残したことで、店内に優しい光が差し込みます。

・床下に隠された浴槽が残っている

まだまだ銭湯の跡が残っている場所があります。店内の床板を外すとそこには銭湯時代の浴槽が残っています。店員さんにお願いすればみせてもらえるかもしれません。

・アメリカンな自家製ケーキとこだわりのコーヒーを提供

そんな銭湯の面影を残す「さらさ西陣」では独特の雰囲気の中、ランチには食事をすることができ、カフェタイムには自家製ケーキを食べることができます。自家製ケーキは6種類ほどあり、アメリカンタイプのケーキが揃っています。

その中でオススメなのは、キャラメルチーズケーキ。まったり濃厚なチーズケーキはコーヒーにも紅茶にもよく合います。

コーヒーにもこだわりがあり、同じ京都のコーヒーショップから仕入れた豆で一杯ずつハンドドリップしたコーヒーを飲むことができます。個性的な自家製ケーキとも相性抜群です。ぜひお店のケーキと合わせてみてください。

夜は不定期にミュージックライブが開催されています。元銭湯なので店内の音がよく響き渡るのだそう。銭湯の雰囲気を感じながら解放感溢れるカフェではんなりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 さらさ西陣
住所 京都市北区紫野東藤ノ森町11-1
営業時間 12:00~23:00(L.O 22:00)
     昼ごはん 12:00~15:00
     遅ごはん 15:00~18:00
     夜ごはん 18:00~22:00
定休日 毎月最終水曜定休
お店のHP http://cafe-sarasa.com/shop_nishijin/