大阪にある新感覚の動物園 / 生きているミュージアム「NIFREL(ニフレル)」

関西の3都の1つ、大阪。

食い倒れの街としてのイメージが強い大阪ですが、実はこの街に世界に誇れる新感覚のミュージアムがある事をご存知でしょうか?

それが今回ご紹介する「生きているミユージアム・NIFREL(ニフレル)」という場所。

大阪の万博記念公園駅から徒歩2分の場所にある「生きているミユージアム・NIFREL(ニフレル)」は、あの海遊館が初めてプロデュースした、生きものの美しさ・不思議さを直感的に楽しむことができる今までにない施設。

水族館、動物園、美術館のジャンルを超えて、まるでアートのように生きものを観察できる場所となっています。

施設の名前となっている「ニフレル」の語源は、「XXに触れる」という日本語。

その名の通り、館内は「いろにふれる」「みずべにふれる」「WONDER MOMENTSにふれる」など7つにゾーン分けされています。

施設の入り口は、まるで現代アートの美術展のような、美しい光につつまれています。

「いろにふれる」ゾーンでは、壁や天井の色が変化する空間に設置された水槽の中で、いろとりどりの魚たちが泳ぐ姿をたのしむことができます。

「みずべにふれる」ゾーンでは、光が差す開放的な空間の中で、本物のミニカバが勢いよく水に飛び込む姿を見ることで、音と光とをみずべで感じる事ができます。

また「みずべにふれる」ゾーンではホワイトタイガーの迫力を体験することができます。

「WONDER MOMENTSにふれる」ゾーンでは、神秘的な光のアート体験が可能です。

「感性にふれる」をコンセプトに、本物の生き物と現代アートが融合した7つのテーマを感じられる施設「生きているミュージアム・NIFREL(ニフレル)」。

食い倒れの街というイメージとはすこし違う大阪を楽しむための旅先の1つに、「生きているミュージアム・NIFREL(ニフレル)」を加えてみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 生きているミュージアム・NIFREL(ニフレル)
住所 大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
営業時間 10:00 〜 20:00
定休日 年中無休
公式HP https://www.nifrel.jp/index.html