肉好きの肉好きによる肉好きのためのラーメン。「肉の万世」が手掛けるラーメン店「万世拉麺」名物の「パーコー麺」


都内の中心地に位置する、有楽町。

銀座にほど近い立地、さらにはJRだけでなくメトロも通っていて交通アクセスも良い場所として、東京を代表するビジネス街の1つとしても有名なエリア、それが有楽町です。

そんな東京を代表するビジネス街の1つである有楽町は、多くの働く人々の胃袋を満たすため、非常に美味しいランチが充実している街とも言える場所。

そんな有楽町において、老舗の肉屋「肉の万世」が手掛けるラーメン店があることをご存知でしょうか。

今回は、肉屋だからこそ出せる、肉好きの肉好きによる肉好きのためのラーメン「万世麺店」の「パーコー麺」を紹介します。

・「肉の万世」の歴史
絶品のパーコー麺を食べられる「万世麺店」を運営しているのは、大人気のカツサンドで有名な老舗の肉料理店「肉の万世」。東京秋葉原の「万世橋」が近くにあったことから「肉の万世」と名付けられたお店は、現在では東京、埼玉、千葉、栃木、福島などでチェーン展開するなど、関東近郊を中心に高い知名度を誇る肉料理店です。その歴史は、戦後の混乱が続いていた1949年(昭和24年)よりはじまります。元々、電気部品の販売を行っていたという創業者が、心機一転オープンさせたのが「肉の万世」で、食肉業界の常識にとらわれず豊かな発想で創りあげられていったお店は、カツサンドなど独自の商品が注目を集めるようになり、現在の人気店となるまでに成長していったそうです。

・「肉の万世」が手がける麺専門店、それが「万世麺店」
そんな「肉の万世」が手がける麺専門店「万世麺店」ですが、都内に4軒しかありません。そんな激レアとも言えるお店「万世麺店」の記念すべき一号店は、有楽町にあります。世界的ロックバンド・ビートルズの初来日で日本中が盛り上がっていた1966年(昭和41年)、有楽町に完成した有楽町ビルの地下一階に「万世麺店 有楽町店」はオープンしました。

誕生のキッカケは、実は本業の食肉業で毎日出てくる大量の豚や鶏のガラなのだとか。良質なお肉にこだわる「肉の万世」では、精肉作業の一環で大量のガラが発生します。

その良質なガラから染み出るウマミによって作られるスープは、食肉業のお店だからこそできる素晴らしい味わいで、そのスープを活かすため方法としてラーメンの販売をはじめたそうです。

・名物の「排骨拉麺(パーコーラーメン)」
「万世麺店」の看板メニューといえば「排骨拉麺(パーコーラーメン)」。パーコーとは、薄めの衣をつけカラリと揚げられた豚のスペアリブのことで、そのパーコーを乗せた醤油ラーメンがお店名物の「排骨拉麺(パーコーラーメン)」。

スープは良質なガラから作られたまろやかな醤油スープで、麺は自社開発されたモチモチ感のある中太ストレート麺。そんな王道ともいうべき醤油ラーメンは、パーコーの存在によって一段と深い味わいに進化します。

パーコーはしっかりと肉のウマミとパーコーの良さを感じられる厚さと大きさで、噛むほどにジューシーな肉汁あふれる逸品。このパーコーの脂がスープに溶け出すことでラーメンのコクが増し、さらなる深みのあるラーメンへと変貌するのです。また、パーコー自体もスープを吸って味わいが少しづつ変わっていくので、その変化も楽しむことができます。

さらにオススメな食べ方は、半分くらい食べ終えたらテーブルに置いてあるラー油をトッピングすること。甘みのある醤油スープにピリッとした辛さが加わり、ラーメン全体の味わいが非常に引き締まります。

もちろんパーコーとの相性も抜群で、肉々しい豚肉のウマミを辛さが上手く引き立ててくれます。

肉の美味しさを知り尽くした老舗の肉屋だからこそ出せるラーメン。それが「万世麺店」の「パーコー麺」。

ぜひ有楽町を訪れた際には、「万世麺店」が誇る看板メニューの「パーコー麺」を味わってみてはいかがでしょうか?肉好きの肉好きによる肉好きのための一杯ともいうべき、お肉のウマミをしっかりと堪能できるラーメンがあなたを待っているはずです。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   万世拉麺 有楽町店
住所   東京都千代田区有楽町1-10 有楽町ビル B1F
営業時間 【平日】10:00~21:00
【土日祝】11:00~20:00
定休日  年中無休
お店のHP http://www.niku-mansei.com/contents/02shiten/02tokyo_ra_yurakucho.html






















この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 万世拉麺 有楽町店

住所 : 東京都千代田区有楽町1-10 有楽町ビル B1F