【日本そば発祥の地】歴史ある献上伊吹そばの味に魅了される。滋賀県彦根市『献上伊吹そば つる亀庵』

滋賀県の伊吹山麓で古くから伝わる在来種蕎麦。この地で栽培される「伊吹そば」は、日本そば発祥の地と言われています。「伊吹そば」は小粒で甘皮が多く、しっかり繋がるコシが特徴です。

遡ること江戸時代、伊吹山は彦根藩主の領地であったことから、収穫されたそばは藩主の元へ届けられていました。井伊家は江戸の世田谷にも領地を拝領し、江戸城へ登城していたのもあり、「伊吹そば」をそば切りにして食べていたと文献に記されていたのだそう。

評価の高い「伊吹そば」は、徳川家の献上品目の中にも含まれており、「献上品目」として銘そばとしての名を残しています。

今回ご紹介するのは、井伊家が城主を務めていた国宝・彦根城のお膝元に位置する『献上伊吹そば つる亀庵』。こちらのお店では、伊吹そばをはじめとする滋賀県の食材や地酒を堪能することができます。

店内には1階と2階に食事をする場所があり、木のぬくもりが溢れる落ち着いた雰囲気の中、ゆっくりと食事を楽しむことができます。

・暑い夏を乗り切る栄養満点の「穴子天盛りそば」

この夏、お店を訪れたらぜひ食べていただきたいのが「穴子天盛りそば」。歴史ある「伊吹そば」と一緒に暑い夏を乗り切る栄養満点の穴子の天ぷらを食べることができます。

栄養満点の食べ応えのある穴子は外はサクサク!中はふんわり。食べると口の中で穴子の風味が広がります。

天つゆで食べてももちろん美味しいのですが、オススメは塩で食べること。穴子の味がダイレクトに味わえますよ。

盛りそばは、「伊吹そば」の風味を存分に味わえる二八蕎麦。蕎麦粉は石臼による低速粗挽きを剥きぐるみにしており、そばの打ち水には、伊吹山麓の伏流水である「泉神社の湧水」を使用するこだわり。

食べてみると1本1本がみずみずしく、そばの風味をしっかりと感じることができます。

・滋賀県の地酒を堪能できる

こちらのお店では、伊吹そばをはじめ、滋賀県の食材や地酒を堪能することができます。

日本酒は、なかなか味わうことの出来ない幻の銘酒やその季節ならではの旬の日本酒が揃っています。日本酒はどんな料理に合わせるかでまるで違った味わいを醸し出します。

未だ出会ったことのない美酒の味わいを試してみてはいかが。

『献上伊吹そば つる亀庵』は、JR彦根駅より徒歩8分の場所にあります。彦根城に隣接しているので滋賀観光の合間に寄るのに最適。歴史ある伊吹そばを味わいに滋賀県に訪れてみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 献上伊吹そば つる亀庵
住所 滋賀県彦根市立花町1-1
営業時間 <昼の部>11:30~15:30(L.O.15:00)
     <夜の部>17:00〜21:00(L.O.20:00)
定休日 水曜日
お店のホームページ http://www.ichien.jp/tsurukian/index.html