これぞ広島県呉市のソウルフード!80年以上愛される呉市の老舗パン屋さん「メロンパン」

いまでは日本の日常生活に深く浸透しているパン。

実は日本の歴史は比較的新しく、実際にパンが日本に伝来されたのは16世紀半ばであったと言われています。

当時、鉄砲やキリスト教などと一緒にポルトガルから伝わってきた南蛮渡来の食品であったパンは、材料の小麦が手に入りにくい事と高価であったことから、ほとんど普及しなかったと言われています。

江戸時代になり外国人が多く滞在した出島では、パンやビスケットなどのヨーロッパの食品が求められるようになり、そのため、長崎では出島の外国人向けにパンやビスケットの製造が盛んになります。

その後、明治2年に日本で初めてのパン屋となった「木村屋総本店」が開業し、現在に至るまで、全国各地にパン文化が広がっていく事になります。

今回は、そんな米中心の日本人の日常生活に、ゆっくりと浸透してきたパン文化の一翼を担ってきた広島県・呉市の美味しいパン屋さんをご紹介しましょう。

お店の名前は「メロンパン」。

・創業1936年(昭和11年)の老舗パン屋さん、それが「メロンパン」
こちらのお店の創業は戦前の1936年(昭和11年)。

当時、呉は軍港として栄え1936年には23万人もの人口を抱える大きな都市へと成長していました。

この年、日本はロンドン軍縮会議を脱退し、その後2・26事件が勃発、東京市に戒厳令が敷かれる事態となります。

そして世界ではスペインの内戦が悪化し、ドイツとイタリアが協定を締結、そして、戦前・戦後の世界の行く末を決めたと言っても過言ではないフランクリン・ルーズベルトがアメリカで再選、ヒトラーがナチス・ドイツの宣伝のために第11回オリンピックをドイツ・ベルリンで開催し、ギリシャ・オリンピアからベルリンまで3000kmの距離を聖火を持ってリレーするという世界初の試みが行われるなど、混沌とした時代を予感させるような出来事がうまれた年。

そんな時代に、多くの呉市民に愛されてきたパン屋さんが産まれました。

・一般的なメロンパンとは一線を画す「メロンパン」のメロンパン
そんな老舗のパン屋さんの名物の1つが「メロンパン」。

有名すぎて、呉の名物の1つと言っても過言ではないでしょう。

しかしながら普段目にするメロンパンとは大きく違っています。まず、「重さ」。普通のメロンパンは軽いですが、呉の「メロンパン」はずっしりと重たいのです。

そして「形」。普段目にする丸い形のメロンパンではなく、呉の「メロンパン」はアーモンドを縦に割ったような紡錘形(ぼうすいけい)。

さらに「味」も違います。外側のメロンパンの皮はしっとり、中には普通は入っていない白餡のような味わいのクリームが入っています。

この摩訶不思議な味わいのパンこそ、呉が誇るメロンパンなのです。



・他のパンもとっても美味しい
こちらのパン屋さん、もちろん「メロンパン」だけではありません。

様々な美味しい総菜パンや菓子パンがあります。

チョコレートソースの入ったおいしいナナパンに、


しっかりとソースで味付けされたビーフカツがはさまった、牛カツサンド、


さらには、ぎっしりとカレールーがはいったカレーパンに

アンコがしっかりと入ったアンパンなどなど、数えきれないほどの美味しいパンがたくさん販売されています。

戦前から多くの呉市民だけでなく、多くの呉を訪れる人々に愛されてきた、呉の「メロンパン」が提供する美味しいパンの数々。

もし広島県呉市を訪れる機会があれば、こちらのパン屋さんを訪れてみてはいかがでしょうか?

創業から80年以上たった現在でも多くの人々を楽しませてくれるパン屋さんの味わいは、他のどの町でも味わう事ができない、宝物のような味わいに違いありません。

そして、そんな味わいを楽しんだのなら、この町の事がもっと好きになるに違いありません。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 メロンパン 本店
住所 広島県呉市本通7-14-1
営業時間 5:00~17:00(売り切れ次第終了)
定休日 日曜日
お店の公式ホームページ http://kuremelon.com/