心まで幸せになれる信州料理を堪能できるお店に行こう!長野県松本の卯屋(うさぎや)

DSC_0754
ひとくちに信州料理といっても様々な料理がある。しかしながら、素材から調味料に至るまで、信州で造られたもの、採れたものにこだわってほぼ全ての料理が作られているお店はあまりないだろう。

松本駅の駅前に鎮座するこちらのお店、「卯屋(うさぎや)」は信州産にこだわってほぼ全ての料理を作っており、心からの信州のおもてなしをしていただけるお店なのだ。
DSC_0755
DSC_0756
DSC_0757

店内に入るとたくさんの日本酒が並んでいるが、まずは気持ちを落ち着けて信州の地ビールで喉を潤す。少し寒い時期であるならば、熱燗からスタートしたいところだ。
DSC_0761

驚くのはお通しのセットだ。こちらのお通しはすべて信州の素材だけで造られており、艶やかな信州の恵みが目にも嬉しい。
DSC_0768
IMG_3876

そして信州の地酒。たまたま今年初めて造られたという佐久の花の限定をいただけるという幸運に恵まれた。こっくりとした深い米そのもののウマミと華やかに弾ける日本酒の香り。少し泡が効いており、さながら日本酒のシャンパンのようである。
DSC_0773
DSC_0780

信州産の魚介と言えば信州サーモン。こちらの信州サーモンは目にも鮮やかなオレンジ色。信州の清流に育まれた信州サーモンはあっさりとしながらも濃厚なウマミを感じる事ができる。
IMG_3880

さらに信州の馬刺。冷凍ではない馬刺は、もっちりとした歯触りで、濃いウマミが広がっていく。これぞ本物の馬刺、というあんばいだ。馬刺がウマいので、軽く炙ったロースの馬肉もいただいたが、こちらも絶品。噛むほどに広がっていく肉汁がたまらない。
DSC_0770
IMG_3890

たたみ掛けるように信州料理が続いていく。店主みずから山で採取してきた野やさいの天ぷらに、キノコ汁。山の恵みを口いっぱいにほおばり、極上の信州地酒を流し込む。鮮烈な山の恵みの香りの脇を爽やかな日本酒が駆け抜けていくような料理の数々は、まさに信州を堪能している、と実感することができる。
IMG_3883
IMG_3888

それゆえに予約は必須。取材した日も予約なしで何組もの旅行客が訪れていたが、その全てのお客が残念ながらこちらのお店の料理をいただけない、という状態であった。

松本に来たら、必ず出会いたい、そんなお店が「卯屋(うさぎや)」なのだ。

Post: GoTrip http://gotrip.jp

DSC_0764

お店 卯屋 (うさぎや)
住所 長野県松本市中央1-2-12
営業時間 17:30~21:45
定休日 日曜・祝日



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 卯屋 (うさぎや)

住所 : 長野県松本市中央1-2-12