下町・町屋にひっそりと佇む餃子の老舗。牛カシラ肉をつかった「餃子は一龍」の餃子がジューシーすぎる件

DSC_0799

東京都荒川区町屋。もしかしたら東京に住んでいても、この街の名前を知らない方もいるかもしれない。

実はこの町屋、全国の鉛筆の生産を支える町工場がたくさん存在していることでも知られる、東京の下町を代表する場所の1つ。さらに人気アニメ「巨人の星」の星飛雄馬の一家が住んでいたという設定でも有名な街でもある。

そんな町屋に昭和22年の創業以来、60年以上に渡って下町の方々に愛され続けてきた餃子屋がある、それが今回ご紹介する「餃子は一龍」だ。

・大きくてジューシーすぎる餃子
こちらの餃子はとても大きい餃子。大きすぎてはさみが提供されるほどなのだ。大きめの餃子をはさみでパチンと真ん中から切ると、たっぷりと肉汁が溢れてくる。少しもったいない気もするが、実はこちらの餡(あん)にはたっぷりと牛カシラ肉が加えられているため、餡には肉汁が蓄えられている。そのため全く問題なく、ウマミたっぷりの肉汁を楽しめるのだ。もしそれ以上に肉汁を楽しみたい場合は、切らないでください、と伝えておくもいいだろう。

・選べる餃子
こちらの餃子はノーマルなびっくり餃子、爽やかな風味が楽しめるシソ餃子、納豆のコクを楽しめる納豆餃子、独特の食感が楽しめるイカ餃子、ピリっと辛くて味わい深い明太子餃子、大ぶりのエビが丸ごと1匹入ったエビ餃子、そして梅の酸味がたのしめるウメ餃子と、たくさんの種類の餃子から選べる嬉しいメニュー。好みの餃子を探しながらビールと合わせれば……もう言葉は必要ないのだ。

・チャーシューも最高
こちらのお店、餃子が有名なお店なのだが、実はチャーシューも隠れた人気メニュー。お店でしっかりと仕込まれたチャーシューは、たっぷりとした豚のウマミを余すところなく感じられる逸品に仕上がっている。こちらもビールとの相性は最高だ。

もしかしたらあまり聞いた事が無い街の名前かもしれない町屋。東京の下町で育まれた絶品の餃子を食べながら、下町の歴史そのものを感じてみてはいかがだろうか?

きっと、日本が戦後から立ち直っていった歴史そのものも、感じる事ができるに違いない。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 餃子は一龍 町屋店
住所 東京都荒川区荒川6-42-10
営業時間  16:00~23:00
定休日 月曜日

DSC_0804
DSC_0786
DSC_0784
DSC_0797
DSC_0800
DSC_0790
DSC_0793
DSC_0795



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 餃子は一龍 町屋店

住所 : 東京都荒川区荒川6-42-10