シンガポールに来たら、思い切りオリエンタルな焼き鳥を食べつくそう!

シンガポールは中華系、マレー系、インド系からなる多民族国家。当然文化も食べ物もそれぞれの民族によって大きく違っています。

特にマレー系の人々はムスリムなので、料理に豚肉を使わないという大きな特徴があります。そんなマレー系料理のなかで最も人気のある料理のひとつが、マレー風焼き鳥である「サテー」。香ばしい鶏肉にピーナッツソースがよく合う、日本人の口にもよく合うローカル料理です。

今回はシンガポールに来たら是非はしごしたい、サテーの有名スポットをふたつご紹介します!

サテーといえば、懐かしい屋台の味
「サテー」と検索すると「タイ風焼き鳥」として紹介されているものが多いですが、サテーの本場はインドネシアです。インドネシアとマレーシアは言語的にも文化的にも極めてよく似ており、そのため元マレーシアのシンガポールでも本場の味そのままのサテーがローカル料理として根付いています。
鶏肉のサテーだけでなくマトンや牛肉もポピュラーで、シーフードの串焼きも一緒に売られて、さながら「シンガポール風バーベキュー屋台」といった感じです。
煙と炎が勢い良く吹きあげるので、完全オープンエアの場所にテーブルが並んだ屋台が一般的。ケチャップマニスと呼ばれる甘い醤油にハーブを入れたものにお肉を漬け込み、炭火で豪快に焼いたものをピーナッツソースにつけながら食べるのですが、暑さが少し落ち着いた夜に冷たいビールと一緒に食べると「常夏満喫!」と叫びたくなります。

ここを抑えれば大丈夫!マストゴーのサテー屋台街1「サテー・バイ・ザ・ベイ」

少し前までは、移動式屋台で持ち帰り専用のサテーを売る店や、ちょっとした屋台村のようにサテー屋が並ぶ場所がセントラルエリアにもあったのですが、再開発の波に飲まれて今ではほとんどが消えてしまいました。でもご安心あれ。観光地のど真ん中に有名な屋台街が2つ残っています。

そのうちのひとつが、今やシンガポール観光の目玉のひとつとなった植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」のなかにある「サテー・バイ・ザ・ベイ」。巨大な人造ツリー「スーパーツリー」からも海沿いを10分ほど歩けば行けますが、サテー・バイ・ザ・ベイ専用の入口もあるのでそちらに直接タクシーで乗り付けてもOK。

チャイニーズ系やインド系、マレー系などのシンガポール料理のブースが並ぶ開放式のフードコートの外には、もくもくと煙をあげる3つのサテー屋台が。フードコートのテーブルで食べてもいいですが、屋台の前に広がる低くてかわいいテーブルに陣取って食べた方が雰囲気が上がってオススメです。

お味のほうは、3つそれぞれタレに違いはあるものの、どれも香ばしくて美味しい!鶏肉もいいですがマトンもなかなかいけます。海風を感じて、マリーナ・ベイ・サンズを臨みながら一杯やりたいなら是非「サテー・バイ・ザ・ベイ」へトライしてみましょう。

サテー・バイ・ザ・ベイ
18 Marina Gardens Drive, Singapore 018953
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ内

マストゴーのサテー屋台その2「ラウ・パ・サ・サテーストリート」

シンガポールで1番有名なサテー屋台街といえばここ。こちらは鈴木京香さん扮する出版プロデューサーの女性と、既に妻(深田恭子さん)を持つ17歳年下の男性(長谷川博己)との危険な不倫愛を描いたNHKのドラマ「セカンドバージン」のロケ地としても使われた場所。

150年の歴史を誇るコロニアル建築のホーカーズは2014年に全面改装されて豪華なフードコートへと生まれ変わりましたが、お隣のサテーストリートは昔のまま。日暮れ時になると、チャイニーズやマレーの屋台と一緒にずらりとサテー屋台が現れます。

景色も非常に壮観です。金融街のど真ん中にあるため、ライトアップされた美しいフードコートのまわりは見上げるような高層ビル群。そこにオレンジ色の光に照らされた広い屋外テーブルと、たちのぼる炭火焼きの煙です。とにかく雰囲気がいいのです。

それぞれの屋台の前には客引きの人がいるので、ここぞと思った人に声をかけると席をとってくれます。あとは注文して、座って待つだけ。その間に飲み物や他の食べ物の注文をとりにくり人も周ってきますが、興味がなければスルーです。ローカルの人はサテーだけでなくいろんな料理を頼んで盛大に楽しんでいるようでした。

焼き鳥好きの人は、是非ともシンガポールで、日本の焼き鳥とはひと味もふた味もちがう、オリエンタルな焼き鳥を楽しんでみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア