【台湾のB級グルメ探訪】台湾通の間で人気No1!「阿宗麺線(アーゾンメェンシェン)」に行ってみた


東京から約4時間のフライトで行ける国、台湾。

日本〜台湾間のLCCも数多く就航したことにより、安くて気軽に行ける観光地として台湾の人気は高まりつつあります。

そんな台湾観光を語る上で欠かすことのできないものといえば、台湾グルメ。中でも、夜市の屋台料理などに代表されるB級グルメは、味、種類ともに非常に豊富で、台湾旅行の醍醐味の一つです。

「B級グルメを制するものは、台湾を制す」と言ったら大袈裟ですが、台湾を満喫するためにもB級グルメの知識は必須。台湾を思いっきり楽しむためには、ぜひB級グルメに注目してみてください。

今回は、台湾通の間で人気No1に輝いたB級グルメ「麺線(メェンシェン)」の大人気店『阿宗麺線(アーゾンメェンシェン)』を紹介します。

・人気No1のお店
今回紹介する「阿宗麺線(アーゾンメェンシェン)」は、H.I.S.が行った「台湾好きが決める!台湾行くなら絶対食べたいグルメ投票キャンペーン」というグルメランキングにおいて、小籠包の超有名店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」を抑えて、なんと見事1位に輝いたお店。台湾通も認める絶品グルメで、台湾を訪れた際には何としてでも食べたい一品です。

・ヤミツキになる麺線
麺線とは、そうめんによく似た台湾独自の細い麺を、カツオのダシが効いたとろみのあるスープで煮込んだ麺料理です。「阿宗麺線」では、トロットロに煮こまれた豚のモツが入っており、上には香り付けになるハーブが乗せられています。一口食べると、じっくりと時間をかけてとったカツオの濃厚なダシが口中に広がり、他では味わえないコクのある旨味が楽しめます。この味が忘れられず、また台湾へ旅行したという人もいるほど、ヤミツキになってしまう一杯です。

・3種類のトッピング
こちらでは。チリソース、ガーリックソース、ビネガーソースの3種類のソースをトッピングすることができます。チリソースを入れると辛さの刺激も加わり、目覚めの朝食にピッタリな味わいに。ガーリックを入れるとコクが増し、食欲がわき昼食にピッタリな味わいに。ビネガーを入れると酸味が増し、お酒を飲んだ後にスッキリ食べたい人にピッタリな味わいに。三種三様の楽しみ方ができるのも阿宗麺線の魅力といえます。ぜひ、自分の好みの配合を探してみてください。

1975年に手押し車の屋台からスタートしたという阿宗麺線。開業40年で台湾屈指の人気店の一つとなった今でも、飾らず実直に美味しい麺線を提供し続けています。

台湾の庶民の味であり続ける絶品B級グルメは、台湾のグルメを語る上で欠かせないソウルフードと言えるかもしれません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   阿宗麺線(アーゾンメェンシェン)忠孝店
住所   台北市忠孝東路4段17巷2号
営業時間 【日~木曜日】11:30~21:30
     【金土祝前日】11:30~22:00
定休日  なし














この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 阿宗麺線(アーゾンメェンシェン)忠孝店 ー 台湾

住所 : 台北市忠孝東路4段17巷2号