【銀座ワンコインランチ】ロメスパの聖地。銀座・有楽町が誇るスパゲティの名店「ジャポネ」に行ってみた。


日本全国各地にパスタをつかったグルメはたくさん存在しますが、その中でも「ロメスパ」というジャンルをご存知でしょうか。

ロメスパとは、「路面スパゲティ」の略でファーストフード感覚でパッと食べられるスパゲティのこと。

その特徴は「茹でおきのスパゲティを使用」「極太のスパゲティ」「デカ盛り可能」の3点で、早くて、安くて、ボリューム満点、というスパゲティ界の吉野家的な存在です。

実はそのロメスパ発祥の地と言われているのが、今回ご紹介する有楽町の「ジャポネ」。

グルメブログを運営している、おうさる氏( http://www.ousaru.com/ )が「一度食べたら忘れられないロメスパ」と称したのが「ジャポネ」で、それ以降「ロメスパ」という言葉が広まっていったそうです。

というわけで、今回はロメスパ発祥の地として名高い「ジャポネ」を紹介します。

・ロメスパ発祥の店
東京高速道路の高架下にたたずむショッピングモール、銀座インズの中に「ジャポネ」はあります。銀座インズには、ファッション、雑貨、グルメなど様々な店舗が並んでいますが、その中でも昭和の雰囲気漂う「ジャポネ」にはひときわ多くのお客さんが集まっており、お店はいつでも大盛況。ピークタイムのお昼どきになると、スパゲティの香りとフライパンを振る小気味よい音に誘われて、お店の前にはお腹を空かせた人々の長い行列ができあがります。一杯500円から味わえるという安さも魅力で、銀座・有楽町界隈で安くて美味しいスパゲティを食べたいなら「ジャポネ」は外せません。

・ボリューム満点のロメスパ
大人気のロメスパ店「ジャポネ」では、サイズも豊富に用意されています。サイズは並盛のレギュラー、大盛のジャンボに加え、「横綱」というサイズも存在し、その量はレギュラーサイズ(350g)の2倍以上もある750g。今回はその「横綱」を注文してみましたが、お皿から溢れんばかりの量のスパゲティは、見た目と重量においても「横綱」の名に恥じない圧倒的なボリューム感です。山のように積み上げられたスパゲティは想像以上のボリュームで、かなりの満腹感を味わえるので、ぜひお腹を空かせた状態で注文してみてください。なお、横綱を完食した経験のある人のみが注文できる隠しメニューとして、「親方」(950g)と「理事長」(1150g)というメニューもあるそうなので、横綱ではまだまだ物足りないという方は挑戦してみてもいいかもしれません。

・オリジナルスパゲティ「ジャポネ」のジャポネ
「ジャポネ」では、日本人の味覚にあった味付けをモットーとしています。そのこだわりが最も感じられるメニューが、その名もジャポネ。お店の名前を冠したメニューは、豚肉、シイタケ、オニオン、小松菜を醤油で炒めあげた日本らしい味付けの逸品で、スパゲティの本場イタリアでも味わえない純和風のスパゲティです。一口食べると、口の中で醤油の香りがふわっと広がり、屋台で食べる焼きそばにも似た懐かしい印象を受けます。その後に、小松菜のシャキシャキとした食感や豚肉のジューシーな味わいも感じられ、シンプルながら最後まで飽きずに食べることができます。日本人の味覚に合わせて作り上げられたオリジナルスパゲティ「ジャポネ」は、名実共にお店の看板メニューと言えるでしょう。

ロメスパ発祥の店「ジャポネ」。

日本人の味覚に合うように作られたというスパゲティは、どこかホッとするような味わいで、食べるほどにロメスパの魅力の虜になっていくはずです。

銀座・有楽町を訪れた際は、ロメスパの聖地でボリューム満点の絶品スパゲティを味わってみてはいかがでしょうか。

きっとそこにはイタリアから渡ってきたスパゲティが、日本ならではの進化を遂げたという歴史そのものも感じる事ができるに違いありません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   ジャポネ
住所   東京都中央区銀座西2-2先 銀座インズ3 1F
営業時間 【月〜金】10:30~20:00
     【土】  10:30~16:00
定休日  日曜祝日 
















この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : ジャポネ

住所 : 東京都中央区銀座西2-2先 銀座インズ3 1F