ヨモギの香りが美味しい「草餅」を食べよう!東京・向島の「向じま 志”満ん草餅」

東京スカイツリーのある押上の北に広がっている向島。

向島と呼ばれているエリアは、隅田川を挟んで浅草の向こう側にあることから、昔から「向島」と呼ばれてきました。

実はこの向島は、花街としても栄え江戸文化発祥の地の一つとも言われ、今でも江戸情緒を感じられる場所として人気があります。

そんな向島には、下町ならではの老舗と呼ばれるお店がいくつかあります。

その中でも、創業150年近い老舗の草餅屋さんが、今回ご紹介する「向じま 志”満ん草餅」さんです。

・ヨモギを使った草餅!創業150年近い老舗・向島の「志”満ん草餅」
非常に読みにくいお店の名前ですが、「志”満ん草餅」と書いて「じまん くさもち」と読みます。

隅田川の渡し船を使って往来するお客様に草餅を出す茶店として1869年(明治2年)から商いを始めた、約150年近い歴史がある和菓子屋さんです。

つるんとした緑の色がきれいな草餅は、各地のヨモギの新芽だけを利用し、添加物を一切使わない製法で作り続けられています。創業時には、隅田川の土手で手摘みしたヨモギを使って作っていたそうです。

食べごたえあるお餅の表面はとても滑らかで、一口食べると混ぜ込まれているヨモギの香りに春を感じることができます。

現在お店ではテイクアウトのみの取り扱いとなっています。賞味期限が当日だけのものになりますので、ご注意ください。

・おすすめの食べ方!餡なし草餅に白みつをつけて、きな粉をまぶそう!
「志”満ん草餅」さんで食べることができる草餅は、十勝産小豆を使った餡入りと、餡なしの2種類となっています。

特に、真ん中のくぼんだ形が特徴的な餡なしは、白みつを付けて、きな粉をまぶして食べるとより、美味しく食べることができます。

この形は、渡し船の上で草餅を食べるときに、白みつやきな粉がこぼれないようにと考案された形だそうです。

春を感じられる緑が豊かな隅田川沿いの散策に向島を訪れた際には、「志”満ん草餅」さんを訪れてみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 志”満ん草餅 (じまんくさもち)
場所 東京都墨田区堤通1-5-9
営業時間 9:00〜17:00 *但し、無くなり次第閉店
定休日 水曜日
ホームページ http://jimankusamoti.com/



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 志”満ん草餅 (じまんくさもち)

住所 : 東京都墨田区堤通1-5-9