夏到来!韓国で一大ブームとなった「雪氷(ソルビン)」が原宿でも味わえる件

韓国で食べたいスイーツの一つとして、人気のかき氷。なかでも韓国で一大かき氷ブームを巻き起こした人気店があるのをご存知でしょうか。

2013年に韓国の釜山に1号店をオープンし、口に入れた瞬間にサーっと溶けてしまう、ふんわりとしたパウダースノーのようなミルクかき氷で一大ブームを巻き起こした「雪氷(ソルビン)」

季節を問わず韓国に行ったら食べたい韓国スイーツ「雪氷(ソルビン)」のミルクかき氷をご紹介します。

実はこの「雪氷(ソルビン)」、2016年6月30日(木)東京・グリーンオーク原宿に日本1号店となる「ソルビン ハラジュク(SULBING HARAJUKU)」がオープンすることによって日本でも味わえるかき氷となります。

ブームがやってくる前に、まずは「雪氷(ソルビン)」とはどんなものなのか?ご紹介いたしますので、要チェックです。

このかき氷、韓国国内でも、多数の店舗を展開するほど人気の「雪氷(ソルビン)」。

観光客が多く訪れる明洞(ミョンドン)にも多くのお店があります。


ご紹介するのは、観光地としても人気の仁寺洞(インサドン)にある店舗です。ビルの2階と3階がカフェになっています。


お店に入ったら注文カウンターで注文し、お金を支払います。出来上がるとブザーで呼び出されるので、自分で取りに行くセルフサービス方式です。


ソルビンでチェックしたいのが、看板商品でもある「インジョルミ・ソルビン(きな粉餅かき氷)」や「センタルギ・ソルビン(生いちごかき氷)」


「インジョルミ・ソルビン(きな粉餅かき氷)」は、ミルクを凍らせたかき氷に、香ばしいきな粉とパリパリのアーモンドがトッピングされており、中には小さいお餅も入っています。


味の変化を楽しむために、付属の練乳をかけて食べるとまた違った味わいが楽しめます。


とってもフワフワの食感で、口に入れると雪のようにスーっと消えてなくなります。よくかき氷を食べると頭がキーーンとする・・・ということがありますが、ちっともキーーンとしません!驚きの口どけの良さです。

お値段は7000ウォン(約700円)です。


期間限定となる「センタルギ・ソルビン(生いちごかき氷)」 12000ウォン(約1200円)

もう見た目からして心奪われる美味しそうなビジュアルです。


ミルクかき氷の上に贅沢に苺がたっぷりとのっていて、大福と大粒の苺がドーン!そして、かき氷を食べ進めていると、中からあんこが出てきました。

見た目だけでなく、いろいろな食感と味わいの変化が楽しめて、人気があるのもうなずけます。かき氷の他にも、きな粉トーストも人気だそう!柚子茶などの伝統茶もあるので、かき氷のお供にも一緒に楽しむのもオススメです。

2016年6月30日(木)、「雪氷(ソルビン)」が東京・グリーンオーク原宿に日本1号店となる「ソルビン ハラジュク(SULBING HARAJUKU)」がオープンするのですが、こちらでは看板商品の「インジョルミ・ソルビン(きな粉餅かき氷)」や「センタルギ・ソルビン(生いちごかき氷)」、冬にも大人気のホットスイーツ「インジョルミ・トストゥ(きな粉餅トースト)」などに加え、日本限定の商品も提供される予定だそう。

日本でも話題のお店となりそうです!

【雪氷(ソルビン)仁寺店】
住所:ソウル市鐘路区(チョンノグ)仁寺洞(インサドン)39 2,3階
電話番号:070-4227-2655
営業時間:10:30〜22:30
休業日:無休

【ソルビン ハラジュク(SULBING HARAJUKU) 店舗情報】
オープン日:2016年6月30日(木)
住所:東京都渋谷区神宮前1-14-34 グリーンオーク原宿2F
営業時間:11:00〜21:00(予定)
定休日:不定休

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : ソルビン ハラジュク(SULBING HARAJUKU)

住所 : 東京都渋谷区神宮前1-14-34 グリーンオーク原宿2F