大阪ミナミに行ったら必ず食べたい老舗洋食店「重亭」のハンバーグステーキ

なんばグランド花月に近いことで、吉本興業の芸人さんの御用達として有名な、老舗の洋食の名店、重亭。

食通としても有名だった作家の池波正太郎先生もが足しげく通ったことでも有名な重亭は、昭和21年創業の老舗洋食店です。

常に人が並んでいて、お昼の混み合う時は相席を依頼されることもありますが、大阪ではそれはごく自然なこと。

さすが老舗洋食店、昔ながらの人気洋食メニューがずらりと揃っています。

オムライスでもポークチャップでも、何を食べても満足できるくらいどれも絶品と評判。

大阪の地元の人のアドバイスでも、このお店の店員さんでも、このお店のオススメはとにかくハンバーグステーキ。

牛ミンチと丁寧に筋を取った豚ブロックに、食パンなどを加えた自家製合挽きミンチを使用した、180グラムのボリュームのあるハンバーグは、注文が入ってから挽肉を成形して空気抜きをするため、その度にキッチンからパンパンッ!と空気抜きをする音が聞こえます。

しばらくして運ばれてきたハンバーグステーキは、これまた見事に洋食屋の見本とも言えるハンバーグステーキの姿そのもの。

自慢のオリジナルソースは、自家製ケチャップソースと創業当時からつぎ足して使っている特製デミグラスソースを絡めた照り焼き醤油風味で仕上げてあります。

ハンバーグにナイフを挿れると、お肉の生地の中からジュワーっと肉汁がどんどん溢れてきて、さらに食欲をそそります。

ハンバーグの中にしっかり肉汁が閉じこもっているのは、お肉を丁寧に焼いているお店の腕のたまものですね。

しっかりとした弾力性がある肉質のハンバーグステーキは食べ応えがあり、ちょっと甘めのオリジナルソースとからめて食べるとさらに絶品。

ハンバーグステーキのサイズは、1.5倍、そして2倍を意味するW(ダブル)があり、大勢や家族でシェアして食べることもできます。

どことなく懐かしさを感じさせてくれる重亭は、老若男女問わず、長きに渡って大阪のミナミで親しまれていますし、これからも親しまれてゆくのだとおもいます。

池波正太郎先生が召し上がっていた テキ(牛ヒレステーキ) を召し上がってみるのもいいかもしれません。

大阪に行ったら、安定感抜群のザ・浪速洋食を一度食べてみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 重亭
住所 大阪市中央区難波3-1-30
営業時間 ランチ11:30~15:30 / ディナー17:00~20:30
定休日 火曜日(但し祝祭日の場合は翌日水曜)



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 重亭

住所 : 大阪市中央区難波3-1-30