【誰にも教えたくない日本の隠れ家】あの吉田類も訪れた路地裏にひっそりと佇む魅惑の居酒屋、江戸川区・平井の「丸木屋(まるきや)」

東京、江戸川区・平井。

総武線の各駅停車でなければ訪れる事ができないこちらの駅に、吞ん兵衛の代表ともいえるお方、吉田類さんも訪れた素晴らしい居酒屋がある事をご存知だろうか?

それが今回ご紹介するお店「丸木屋(まるきや)」だ。

・路地裏にひっそりと佇む下町の名店
こちらのお店、あまり知られていないのだが、非常に魚が美味しい居酒屋の名店。

那珂川でとれたアユをつかった料理や江戸前は羽田で取れたアナゴを使った料理など、美味しいメニューをあげれば枚挙がない。

カウンター9席しかない、小さなお店だが、美味しい肴と美味しい料理、居酒屋に必須の条件がそろっている江戸川区の名店なのだ。


・お通しが豪華
こちらのお店、お通しが豪華な事でも知られている。

ゴマ豆腐やエビのあんかけ、紫蘇巻きなど、酒の肴として店主が美味しいと思ったものを日替わりで見繕って盛ってくれるのだ。

それぞれの料理をちょっとずつお通しとして味わう。まさに最高の酒宴の始まりだ。

もしかしたらお通しだけで3合くらい呑めてしまう、という方もいるかもしれない。

・絶妙の火の通し方が光るフライ
こちらのお店で是非味わってもらいたいのが、フライだ。

例えば江戸前の穴子は皮と身の間のゼラチン質がほどよく熱せられたタイミングで揚げられている。

そのためアツアツの身はほろっとほどけるのだが、皮と身の間のゼラチン質の部分はトロっとしており、衣のサクサク感と相まって、3つの食感を味わう事ができる。

もちろん味わいは言うまでもないのだ。

さらにサンマのフライは刺身用のサンマを使用しており、火が通るギリギリのタイミングで引き上げられているため、脂の乗ったサンマの味わいをたっぷりと感じる事ができる。

さらにピリっと黒コショウが効いたサクサクの衣はサンマの脂をキリッと引き締めている事に気がつく。

・もちろん他のメニューもうまい
もちろんフライだけでなく、どのメニューもうまい。

那珂川の新鮮な天然アユを一夜干しにしたものは、アユのおいしさがたっぷりと詰まっているし、

白子焼きは香ばしい表面と中のトロっとした白子との相性が抜群だ。

もちろん刺身の盛り合わせも、全く抜かりのない味わいだ。

普段は降りる事のない駅に降りてみる。

そんな旅もいいかもしれない。

そんな普段降りる事のない駅には、その街で愛されているお店が、ひっそりと路地裏に佇んでいるのだ。

そんなまだ見ぬお店に出会う旅に出かけてみてはいかがだろうか。

途中下車という普段することのないちょっとした旅をすることによって、きっとこの秋の味わいを堪能させてくれる、そんな味わいに出会う事ができるに違いないのだ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   丸木屋(まるきや)
住所   東京都江戸川区平井5-28-11
営業時間 17:30~23:00
定休日  日曜日



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 丸木屋(まるきや)

住所 : 東京都江戸川区平井5-28-11