【世界の食文化】知られざるノルウェーの国民的食べ物「ブルノスト」とは?

北欧ノルウェー。

近年話題を呼んだ、ディズニー映画『アナと雪の女王』の世界は、ノルウェーがモデルのひとつとなりました。

その壮大な景観を一目見ようと、現地を訪れる旅行客が後を絶ちません。いまでは映画のモデルとなった地域を訪ねるツアーも企画されるほどの人気です。

しかしノルウェーの食文化については、どのようなイメージがあるでしょうか?

今回ご紹介するのは、ノルウェーの国民食とも言える「ブルノスト(Brunost)」。

英語ではブラウンチーズと呼ばれていますが、ノルウェーの冷蔵庫に必ず1つは入っているといわれるほどの食べ物です。

チーズという名前が付いていますが、その味わいはキャラメルに近い味わいです。

・ブルノストとは
ブルノストは、ホエイ(乳清)にミルクとクリームを加え、火にかけ水分を蒸発させて作ります。

独特の甘みがありその味は、ほんのりチーズ風味、甘さ控えめのキャラメルといった感じです。

伝統的なものは、山羊のミルクを使いますが、最近は牛乳を混ぜた物が人気です。

・ブルノストが出来た訳
1863年のある日、牛の乳搾りをしていたノルウェー人女性アン・ホヴ。

彼女のふとした思いつきから出来上がった「ブルノスト」が、いまやノルウェー人には欠かせない食べ物になっていたのです。

その功績をたたえ1933年、87歳になったアンにはノルウェーの国民勲章が送られました。

・何にでも合う、美味しい「ブルノスト」
バターを塗ったトーストでブルノストをサンドすると程よい甘さと、バターの塩加減がちょうど良くマッチします。

ノルウェーの国民的パンケーキ「レフサ」は、薄く焼いたパンの様なもの。バターとシナモンシュガー、そしてブルノストを挟んだり、ロールしたりして頂きます。

ノルウェー伝統料理、ルーテフィスクにもよく合います。ルーテフィスクとは、干しダラを塩抜きして灰汁(アルカリ)に漬けこみ、ゼリー状にしたもの。

それをフライパンで蒸し焼きにしたものに「ブルノスト」と一緒に味わえば、ほんのりと優しい甘みが加わります。

・ブルノストをゲット
ブルノストはノルウェーでどこでも販売されています。

特に人気なのが下記の3つ

第1位:Gudbrandsdalsost/ グドゥブランズダルスオスト
牛と山羊のミルクから作られた、最もポピュラーなタイプ。

第2位: Geitost/Gjetost/ イェイトオスト
山羊のミルクのみから作られたもの

第3位: Fløtemysost/ フラータミスオスト
クリーム増量のリッチタイプ

人気のブランドはTINE(ティーネ)。

ノルウェー乳製品のトップメーカーです。もちろん、他にもブランドはあり、ファーマーズ・マーケットなどでも手作りのものが売られていたりします。

またブルーノストを買ったなら、忘れてはいけないのが、チーズスライサーです。

これもまたノルウェーの家庭には必ず存在するキッチンアイテム。

もしノルウェーを訪れるのであれば、美味しいノルウェーの国民食を味わってみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア