魚介の旨味が効いたパッタイ!タイ・アンパワーのレトロカフェ「リムラビアン」

タイのバンコクから車で1時間半ほどの距離にある「アンパワー水上マーケット」。主にタイ人が訪れる水上マーケットでしたが、タイのローカルな雰囲気が味わえるということで近年は外国人観光客も増えています。

川の両岸には古い家屋を活かした屋台やカフェが軒を連ねています。タイ人のアーティスト達がアンパワーの雰囲気に惹かれて移住するようになったため、店のディスプレイもおしゃれになったり、デザイン性と実用性を兼ね備えた雑貨なども売っています。

落ち着いて食事をしたい時におすすめなのが「リムラビアン アンパワー カフェ アンド スイート」。アンパワー中心部の川沿いに位置しており、エメラルドグリーンのフランス建築を思わせる外観が目を引きます。1階はクラシカルな雰囲気が漂う素敵なカフェ。マッサマンカレー、グリーンカレー、パッタイ(タイ風焼きそば)など、タイならではのメニューが豊富に揃っています。

卵に包まれたパッタイはとてもキレイで崩すのが惜しくなりますね!中には自家製のもちもちとした麺、シャキシャキ感のあるモヤシ、ジューシーな鶏肉など盛りだくさん。アンパワーで獲れた新鮮なシーフードが入っているので、魚介の旨味がたっぷり詰まっているのが特徴的です。

またお好みでタイライム(マナオ)を絞って酸味をプラスしたり、砕いたピーナッツをまぶして異なる食感を楽しみましょう。パッタイ自体が濃厚なソースや独特の調味料で味付けされているので、爽やかなレモンティーなどを合わせるのがおすすめです。

店内を改めて見渡すと様々な所にアンティークの雑貨が置かれています。レトロなイラストが描かれたプレート、壁がけの古時計、黒電話など、オーナーのセンスが光るインテリアですね。

なんと電話機の上には鉄腕アトムのフィギュアが!

隣の棚にもドラゴンボールやウルトラマンなど、日本の人気アニメのフィギィアがズラリと並んでいます。異国にいながらも思わず子供の頃に戻ったような懐かしい気持ちになるかもしれませんね。

2階には小さいながらもおしゃれなホテルがありますので、ひとり旅で宿泊するならおすすめです。

アンパワーの川を眺められるカフェで、ゆったりしたひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 リムラビアン アンパワー カフェ アンド スイート (Rimrabeang Amphawa Cafe and Suite)
住所 135 Klongamphawa Rd Amphawa Samut Songkhram
facebookページ https://www.facebook.com/rimrabeangamphawa/