【世界の美食】神戸北京料理の老舗「神仙閣(しんせんかく)」のお料理をランチで気軽に楽しもう

古くから華僑の方々が活躍し、中華料理の名店の多い神戸。

その神戸において、「第一楼(だいいちろう)」と並び、高級中華と言えば必ず名の上がるレストランが「神仙閣(しんせんかく)」です。

神仙閣は、昭和9(1934)年創業し、神戸の地において80年以上の伝統を誇る北京料理店。

その歴史もさることながら、総席数1,100席、最大宴会人数400名までの宴会にも対応できるキャパシティ、モダンでゴージャスな内装に、豪華なお料理の数々は老舗の北京料理店ならではの風格を備え、中国の要人が訪神される際や在神戸華僑の会合はもちろん、神戸人の間でも親戚が集まる会食や会社の新年会など、改まった席でしばしば利用される高級店です。

少人数でのお食事はたいてい5階の個室に通されます。こちらのインテリアは、モダンシノワと言いましょうか。少しバリなどの南アジアの雰囲気も入り、若い方にも喜ばれそうなしつらえです。

基本的に個室になっていますが、完全な密室ではなくプライべートは保たれながらも、周りの賑わいも感じられる造りです。

神仙閣でのお料理は、ドラマで見るような宮廷料理を思わせる「高級中華」そのもの。円卓を囲んで、大人数で頂く大皿料理がメインです。

コース料理には、鮑や伊勢海老のオードブル、フカヒレの姿煮、北京ダックやツバメの巣、などという豪華な食材がずらりと並び(使われている食材はコースのお値段等により変わります)、ハレの日ならではの豪華料理を堪能できるコースと言えるでしょう。

・・・とはいえ、こういった本格的なコースはやはり4名以上くらいの多めの人数で味わいたいもの。もう少し気軽に神仙閣の味と雰囲気を楽しみたいという方にお勧めなのがランチコースです。

ランチコースは、平日のみ(ただし土曜は含む)の提供となりますが、2,500円~というお値段設定。お友達や母娘でのランチなど気軽な会食にもぴったりです。

【ランチコース】 
レディースコース 冷菜7種盛 フカヒレスープ、選べるお料理2品、点心2種、選べる麺か飯、 デザート 2,500円
セレクトコース 冷菜12種盛 フカヒレスープ、選べるお料理2品、点心3種、選べる麺か飯、 デザート盛り 3,300円
フカヒレの姿煮コース オードブル 揚げ物二種 フカヒレの姿煮 海鮮または肉料理 季節の焼き飯または和えそば、スープ、杏仁豆腐 3.800円

こちらは、セレクトコース。12種の前菜だけで、お腹がいっぱいになりそうな盛りだくさんの内容。さすが北京料理です!

その後、フカヒレのスープ。お手頃コースですので、フカヒレ自体はそれほど入っているわけではありませんが、繊維が太く長く、スープの上品さがやはり他のお店との違いを感じさせてくれます。

選べるお料理2種を食べ終える頃には、かなりの満腹感!メニュー自体はごくベーシックなもので、目新しさはないのですが、エビやホタテなどの食材ひとつひとつがしっかりとした素材で、食べごたえあり!

3種類の点心、特製焼きそばと続くころにはお腹がはちきれそうになっていることでしょう。神戸の中華料理店では、昔ながらのお店ほど「量がたっぷり」と出てくるスタイルを取るお店が多く、神仙閣もそのひとつ。よほど若い男性でもない限り、食べきれないほどの量が出てきますよ。

デザートまでたっぷり3種盛り。

ひとつひとつのお料理は、ベーシックですが、素材やスープのお味に老舗ならではのこだわりがあり、「いつ訪れても必ず安定して上質でおいしいものが食べられる」のが神仙閣の魅力。

ランチで神仙閣の魅力に触れたら、ぜひ本格コースでも老舗の味を楽しんでみてくださいね!

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 神仙閣 神戸店
住所 兵庫県神戸市中央区下山手通2-13-1
営業時間 11:00~21:00(L.O.20:00)
定休日 なし
HP https://www.shinsenkaku.com/shinsenkaku-kobe



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 神仙閣 神戸店

住所 : 兵庫県神戸市中央区下山手通2-13-1