そこはまるで「おとぎの国」!カラフルな木組みの家が可愛らしい街ドイツ・フランクフルト郊外のイトシュタインを歩こう!

ドイツには様々な街道があります。中でも一番有名なものだと「ロマンティック街道」。

ヴュルツブルクを北の起点とするロマンティック街道はフュッセンまで続き、ノイシュヴァンシュタイン城をはじめ美しい古都など見どころが豊富です。

そんな世界的に有名なロマンティック街道に引けをとらないくらい多くの見どころがあるのが、「木組みの家街道」です。

木組みの家街道はドイツを北から南へ縦断している街道で、保存状態の良い木組みの家々を持つ街が街道上に含まれています。

今回紹介するイトシュタイン(Idstein)も、そんな木組みの家街道の街の1つです。

イトシュタインはフランクフルトから電車で40分ほどの場所にあり、旧市街にはカラフルな木組みの家が並んでいます。

これらの家は15世紀~18世紀にかけて建設されたものです。ツーリストインフォメーションがあるケーニヒ・アドルフ広場では、周囲をぐるりと木組みの家に囲まれています。これが現実の街とは思えないほど色鮮やかな建物は、今でも実際に使用されているというのだから驚きです。

壁に細工が施されて凝った作りになっているインフォメーションの建物は、イトシュタインで最も美しいと言われています。ここでは地図や見どころが書かれた無料のパンフレットを貰う事が出来るので、街の散策の前にぜひ立ち寄りたいところです。

辺りを見回すと、微妙に傾いている青い家が。その名も「シーフェス・ハウス(傾いた家)」と呼ばれているこの家は、薬局や商店として使われてきた歴史があります。傾いている原因は、建設中の資材不足なのだそうです。

広場から城門をくぐって進んで行くと、ラプンツェルに登場しそうな塔があります。この塔は「魔女の塔」と呼ばれていますが、実際には魔女狩りとの関係はありません。では何でそんな名前がついたのかというと、塔に対してどこでも「魔女の塔」と名付ける風潮が19世紀にはあったのだそうです。

塔自体は魔女狩りと無関係ですが、17世紀にはこの街でも魔女狩りが行われていたのは事実です。

再び広場に戻って、今度は反対方向へ歩いてみましょう。緩やかな上り坂では、ここでも両側に木組みの家が並んでいます。

坂の上には可愛らしいホテルが建っています。ここも外壁の装飾に手が込んでいますね。よく見てみると、窓の下に笑った顔のような物の彫刻があります。外観がこれだけ可愛いのだから、中のインテリアもきっと素敵なんでしょうね。

カラフルな木組みの家が集まるイトシュタイン。その美しさもさることながら、ここで実際に人々が生活しているのにも驚くとともに、羨ましくも思えてきます。小さなおとぎの国の世界へ、あなたも旅をしてみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア