【世界の図書館】まるで「美女と野獣の図書館」のよう!世界で最も美しい図書館、オーストリア国立図書館(プルンクザール)

世界には子供の頃に読んだ物語の世界のような美しい図書館がいくつか存在します。

例えば、映画「007」のロケ地にもなったチェコのプラハにあるストラホフ修道院の図書館、ポルトガルの世界遺産「コインブラ大学」にあるジョアニア図書館、そして
トルコの世界遺産「エフェソス」にあるセルシウス図書館など、絶景と呼ぶにふさわしい図書館が存在しています。

そんな世界の美しい図書館の中から、今回はオーストリアの国立図書館プルンクザールをご紹介しましょう。

「世界で最も美しい」とも称されるこちらの図書館は、美女と野獣の映画に登場するような豪華絢爛な空間が魅力的です。

オーストリアの首都ウィーンにある国立図書館は、ホーフブルク宮殿の敷地内の独立した建物にあり、オーストリア最大規模の740万点を所蔵しています。

13世紀頃に作られた宮殿は、ハプスブルク家、神聖ローマ帝国、オーストリア・ハンガリー帝国の皇帝が暮らしていました。

こちらの入り口から図書ホールに入場します。宮廷図書館らしく、エントランスゾーンも格式の高い内装です。

重厚感のある扉を開けると、天井いっぱいに本が並べられた空間が広がっています。まるで「本の海」と表現できるような空間。

一生かかっても読み切れないような膨大な量の本が所蔵されています。

歴史的かつ貴重な本が保管されており、もちろん図書館ですが手に取ることも借りる事もできません。現在は、貴重なデーターを電子化し保管する作業が進められています。

高い本棚に掛けられたハシゴまで、アートの一部の様です。柱や壁の繊細な装飾にも注目してみましょう。

国立図書館は18世紀後半に神聖ローマ帝国の皇帝で、マリアテレジアの父親であるカール6世が作らせたものです。

ホールの中央には威厳のあるカール6世の像が飾られています。

設計はヨハン・ベルンハルト・フィッシャー・フォン・エルラッハ、その息子ヨーゼフ・エマヌエル・フィッシャー・フォン・エルラッハが建設しました。

ヨーロッパ最大のバロック建築の図書館は、長さ80メートル、天井まで20メートル、中央がドームになっています。
天井のフレスコ画は宮廷画家のダニエル・グランの作品です。

ホール部分の書架と2階通路が見せる曲線美が素晴らしいですね。
大きな窓から差し込む天然の光が図書館をさらに美しく見せます。

音楽の都と称されるウィーンに残る古い楽譜や、古い地球儀などの展示も。

訪れた時にちょうど換気をしていた為、扉になっている本棚のさらに裏側にある空間が見えました。


現代の私たちには想像できない事実ですが、当時、知識や芸術が詰まった本は、非常に高価で、ごく限られた少数にしか手に出来ない、まさに「知」そのものでした。

この図書館にひとたび足を踏み入れれば、その当時、書籍がいかに大切にされていたか実感できます。

ぜひウィーンの国立図書館で、物語のような美しい世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 国立図書館(プルンクザール) (Oesterreichische Nationalbibliothek, Prunksaal)
住所 Josefsplatz 1, 1015 Vienna, Austria
アクセス 地下鉄1・2・4番線カールスプラッツ(Karlsplatz)駅下車徒歩7分
営業時間 10~18時(木曜は~21時)
定休日 月曜
公式サイト http://www.onb.ac.at
料金 大人:7ユーロ 子供:無料