中毒者続出!揚州商人(ようしゅうしょうにん)の冷やし担々麺はこの夏必須のマストアイテム

日中の気温が徐々に高くなり、夏が近づいてきた昨今。

この時期になると様々なお店で味わえるようになるのが「冷やし中華」だ。

最高の手延べ麺を味わえる浅草・馬賊の冷やし中華築地の美味しい中華食堂やじ満の冷やし中華、そしてニシオギが誇る中華「喬家柵(ジョカサア)」のネギ冷麺など、美味しい冷やし中華を挙げれば枚挙がない。

そんな美味しい冷やし中華を提供するお店の中で、最近中毒者が続出している、と言われるお店をご存知だろうか?

それが今回ご紹介する、首都圏を中心に本格的な中華を提供している外食チェーン店「揚州商人(ようしゅうしょうにん)」だ。

・本格的な中華料理のお店、それが「揚州商人」
こちらのお店、東京都に15店舗、神奈川県に8店舗、千葉県に7店舗、埼玉県に2店舗と、関東を中心に合計32店舗を展開する外食チェーン店だ。

揚州出身の祖父が大正9年に始めたお店の味で育った「揚州商人」のオーナーは、おいしい中国ならではの味わいをラーメンで表現するという他の外食チェーンにはない「中国ラーメン」というジャンルを切り開いた先駆者としても有名。

そのメニューへのこだわりは多くのファンを魅了し、「揚州商人」の味が忘れられない、そんな人々を魅了し続けているのだ。

・この夏必食のメニューそれが「揚州商人」の冷やし担々麺
そんな美味しい「中国」独特の味わいを楽しめるのが「揚州商人」の冷やし担々麺。

たっぷりの特製の肉味噌はどこか懐かしい味わいながら、味わい続けるほどに、中華のテイストをしっかりと届けてくれる。

濃厚なゴマの味わいにピリっとした味わい、そしてそれらがしっかりと冷水で締められた細麺にぴったりとマッチングしている。

暑い夏にピッタリのメニューなのだ。



・他にも美味しいメニューが目白押し
他にも美味しいメニューがたくさんある。

見た目のインパクトがすごい冷やし黒酢麺は、その名の通り、黒酢をたっぷりと使った冷やし中華。

細切りにされたザーサイや鶏肉、キュウリなどがしっかりと麺に絡み、黒酢との相性もバツグン。


エビやチャーシューがたっぷりと入ったチャーハンに


豚肉の薄切りが嬉しい、ミニ丼もオススメだ。

これから本格的に暑くなってくる季節、キンキンに冷えた冷麺で夏をパワフルに乗り切る、そんなメニューを「揚州商人(ようしゅうしょうにん)」で味わってみてはいかがだろうか?

そんな美味しい味わいを求めて旅する1日は、きっと暑い夏をより楽しく味わえる1日になるに違いない。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 揚州商人(ようしゅうしょうにん)
公式HP http://www.yousyusyonin.com/