ヘルシンキの人気スポット/海沿いのマーケット広場周辺を歩いてみよう

「バルト海の乙女」と称されるヘルシンキは、ヨーロッパ有数の美しい街並みを誇る人気の観光都市。コンパクトな街の徒歩圏内には有名スポットが集まっており、個人旅行や一人旅で気軽に訪れることができるのも魅力の一つ。

ヘルシンキの街は、現代的な建築から帝政ロシア時代の名残を感じる建物が見られます。

今回は海沿いのマーケット広場周辺をのんびりと散策してみましょう。世界遺産のスオメンリンナ島へのボート乗り場のあるマーケット広場は、観光客でにぎわう人気のスポットです。白亜のヘルシンキ大聖堂やウスペンスキー寺院へも徒歩圏内でヘルシンキを代表する建物が多く集まっています。

フィンランドと言えばサウナ発祥の地として有名ですが、実はマーケット広場の名物的存在である観覧車にも専用のサウナゴンドラが設けられているんです。よく見ると茶色のゴンドラがサウナ専用になっています。フィンランドには世界的ハンバーガーチェーンバーガーキングのサウナなんでものまでありますが、絶景を眺めながら堪能する観覧車サウナも個性的ですね。マーケットでは新鮮なフルーツや食材を販売する屋台から、シーフードや軽食の屋台、お土産店が並びます。

屋台グルメは用意されているテーブル席で頂くことができるのですが、カモメや鳥たちが誰かがうっかり食べ物を落とすのをじっと待っていたりして、一国の首都と思えないほどゆっくりとした空気感が流れています。定番のお土産から伝統的な工芸品も。マーケット広場のすぐ側にある屋内市場のオールドマーケットホール(Vanha kauppahalli)は、レトロな建物の中に小さなお店がひしめき合っています。食材やお土産品を購入する以外にも、地元の新鮮な食材を使ったレストランやカフェも営業しているので、北欧名物のサーモンをたっぷりと使ったサンドイッチやフィンランドのカフェの定番シナモンロールなども試してみたいメニュー。日本では見かけないような食材がお洒落に並べられていて、見ているだけでもとても楽しめるスポットです。マーケットを満喫した後には、徒歩すぐの場所にあるウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)にも立ち寄ってみましょう。
金色の玉ねぎ屋根が特徴の建物は高台の上にあり、独特の存在感を放っています。赤レンガと緑の屋根のコントラストが美しい建物は、北欧最大のロシア正教会というだけあって内装も非常に華やかで印象的な空間でした。

ウスペンスキー大聖堂の裏側には、若者に人気のカフェバーや船上レストランがあるお洒落なエリアです。ぜひヘルシンキの街を訪れた際には、海のすぐ側のマーケット広場を散策してみませんか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア