ヨックモック青山本店のカフェ「BLUE BRICK LOUNGE」に春らしい桜や苺を使った新作スイーツ登場!

東京・南青山にあるヨックモック青山本店に併設されているラウンジ「BLUE BRICK LOUNGE(ブルー・ブリック・ラウンジ)」では、桜や苺などを使った春の新作メニューが登場しています。


ヨックモック青山本店は、「お客様への感謝の気持ちとして、ゆとりとくつろぎの時間を提供したい」というコンセプトのもと1978年に誕生しました。


ヨックモック青山本店のカフェ「BLUE BRICK LOUNGE(ブルー・ブリック・ラウンジ)」は、2016年8月にリニューアルオープンし、よりくつろぎの時間が過ごせるような明るい陽射しが降り込むゆったりとした店内で、ウッドデッキが心地よいオープンエアのテラス席も設けられています。


店内では、季節ごとに変化する限定のオリジナルケーキやデザートだけでなく、ランチタイムにはキッシュやガレットなどが楽しめるランチメニューや、夜にはお酒をおいしく楽しむためのお料理も登場します。

今回ご紹介する春の新作スイーツは、見た目も味わいも春を感じられるスイーツとなっています。


・桜のクレームブリュレ 1,404 円 (税込)

春の気分が盛り上がるピンク色が愛らしい「桜のクレームブリュレ」は、ほんのり桜が香るやさしい味わいのクレームブリュレに、パリパリ食感のチェリーのチュイル、ふんわり軽いシャンティ、サクサクのピンクのメレンゲがトッピングされた華やかな一皿です。

ふんわりとやさしい味わいの中に、フレッシュな苺の爽やかな酸味と、甘酸っぱいチェリーのソースがアクセントになっています。


・ブルー・ブリック・ティーセット 2,592円(税込)14:00~20:00 限定 ※写真イメージは2名分

「YOKU MOKU」とは、スウェーデンの首都ストックホルムから北へ約800km、北極圏の線上にある森と湖に囲まれた小さな町の名「JOKK MOKK」に由来しているそう。

店名の由来ともなっているスウェーデンのカフェ文化「フィーカ」をアレンジした「ブルー・ブリック・ティーセット」も、春らしい季節限定の味わいが揃います。

桜や苺などを使用した鮮やかなピンクスイーツと春素材のお料理を、少しずつつまんで楽しめるようプティサイズになっており、ドリンクも2杯付きます。


さらに、ドリンクメニューにも季節限定で楽しめる春らしいラインナップが揃います。やさしい甘さのホワイトチョコレートとフランボワーズソースの酸味が溶けあう「ホットベリーラテ」は、ラテアート部分をドリンクと混ぜるとキレイな桜色になって、見た目もキュート!

ドリンクを注文すると、シガールが付いてくるのも嬉しいですね。


カフェでもテイクアウトでも楽しめる季節限定のケーキも登場しています。

香ばしいアーモンドの生地で、甘酸っぱい苺とコク深いピスタチオのムースリーヌをはさみ、軽い食感でさっぱりとした味わいのケーキ「苺とピスタチオのフレジエ」と、桜風味のムースで、とろりとしたグリオットチェリーのコンポートを包み、抹茶のビスキュイをあわせた、可憐なピンク色のケーキ「さくら」の2種類です。


ヨックモック青山本店では、おなじみのシガールや定番クッキーはもちろん、季節ごとに変化する彩り豊かなケーキや焼き菓子を購入することができます。



青山本店限定の特別なお菓子もあり、定番商品とは違うヨックモックの味わいを楽しむことができます。青山店限定のアイテムなので、手土産にもオススメです。

ヨックモック青山本店のカフェ「BLUE BRICK LOUNGE」で、一足先に春の訪れをスイーツで堪能されてみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

「BLUE BRICK LOUNGE」春の新作スイーツ
販売期間:2018年2月20日(火)〜4月19日(木)予定 ※商品によって異なる。
販売場所:ヨックモック青山本店「BLUE BRICK LOUNGE」
住所:東京都港区南青山5-3-3
営業時間:SHOP 10:00-19:00
LOUNGE 10:00-23:00(日・祝10:00-19:00)
バールタイム 18:00-23:00(日祝除く)