西日本初進出!愛犬とくつろぐ湖畔のリゾートホテル「レジーナリゾートびわ湖長浜」が滋賀・長浜にオープン

2018年6月1日(金)、滋賀県長浜市公園町に愛犬を同伴できるハイリゾートホテル「レジーナリゾートびわ湖長浜」がオープンしました。


レジーナリゾートは、東京建物リゾートが関東を中心に展開の愛犬と共に旅が楽しめる宿泊施設で、今回オープンする「レジーナリゾートびわ湖長浜」は西日本初進出となります。

「レジーナリゾートびわ湖長浜」は、太閤秀吉が開いた歴史ある町としても知られる長浜の市街地近郊の、琵琶湖の夕景と温泉が人気の湖北エリア内に位置します。


建物は5階建てで、客室は全15室。全ての部屋から琵琶湖が望めるレイクビューで、全室露天温泉風呂(1階のみ半露天)が完備されており、滋賀県名産のつぼ型の信楽焼陶器浴槽につかりながらレイクビューが楽しめます (1階のみプライバシー優先)。


客室には「飛び出し防止ゲート」が設けられているほか、床には滑りにくい床材、撥水性の良い素材を使用したソファー、寝室の壁面には空気を美しく整えるインテリア壁材「エコカラット」を使用したり、ベッドやテーブルの柱は金属製にするなど、愛犬と快適に過ごせるための工夫が随所になされています。


さらに、空気清浄機やトイレにおやつなど豊富な愛犬用の備品も用意されています。


また、屋外に併設されたヒノキのチップを敷き詰めた共用ドッグランや、ホテル近くの湖畔を望む公園などで愛犬と一緒にお散歩も楽しめます。


旅のお楽しみの一つでもある食事ですが、「レジーナリゾートびわ湖長浜」は、明治創業の老舗料亭旅館「浜湖月(はまこげつ)」と業務提携をしており、レジーナリゾートの特徴である愛犬と安心で快適に過ごせる空間でありながら、和会席で定評のある「浜湖月」が吟味した地元食材と季節の素材による料理を、部屋食にて味わうことができます。


一の膳では、地元で愛されている小鮎も楽しめる前菜、季節の素材を使った先付やお造り、近江牛のしゃぶしゃぶなどが楽しめ、二の膳では長浜名物の焼鯖素麺や焼物、替り鉢、釜で炊き上げる近江米など、三の膳では季節のデザート盛り合わせと、多彩なメニューが堪能できます。


朝食でも海老豆煮や鮎の甘露煮など滋賀の味わいをはじめとしたボリュームたっぷりのお料理が堪能できます。


もちろん、ワンちゃんにも専用の食事が運ばれてきます。夕食も朝食も部屋食のため、他の宿泊者や犬に気兼ねすることなく、ゆっくりとのんびり楽しむことができます。


客室には露天温泉風呂が付いていますが、ホテル宿泊者は「浜湖月」の露天風呂付き大浴場も利用できます。

開業キャンペーンとして、9月30日(日)まで通常料金より10%OFFで宿泊できるお得なプランも用意されています。愛犬と一緒に旅を楽しみたい方は、「レジーナリゾートびわ湖長浜」を利用されてみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/旅に行きたくなるメディア

名前 レジーナリゾートびわ湖長浜
住所 滋賀県長浜市公園町4-22
ホームページ:https://www.regina-resorts.com/nagahama/