ビーフンマニアが最後にたどり着くビーフンの聖地 / 東京都港区新橋の「ビーフン東(あずま)」

台湾や中国南部、タイやインドネシア、ベトナムなど、東南アジアで多くの人々に愛されている食材と言えば、ビーフン(ライスヌードル)。

そのものの食感もさることながら、お米から作られる麺であるため、お米独特の柔らかい甘みを感じる事ができる食材として、様々な料理法で多くの地域の人々に親しまれている、そんな食材こそビーフンなのだ。

そんな美味しいビーフンの味わいを余す事無く楽しませてくれるお店が、なんと東京の新橋にある事をご存知だろうか?

今回は、ビーフンマニアが最後にたどり着くビーフンの聖地との呼び声高い、東京都港区新橋の「ビーフン東(あずま)」をご紹介したい。

・ランチタイムはビーフンのみ、それがビーフン東の流儀
東京広しといえども、ランチタイムの営業でビーフンのみで勝負しているお店は、そうそう存在していないのではないだろうか。

こちらのお店のランチタイムのメニューはビーフンのみ。

ビーフンに対する絶対の自信があるお店だからこそ、成り立っているのだ。

・焼きビーフンもしくはスープビーフンから選択
こちらのお店では焼きビーフンかスープビーフンを選択できる。

例えば焼きビーフン(カニ玉)は平皿に盛られており、熱々のかに玉と一緒にビーフンを味わう。

柔らかく濃厚なウマミたっぷりのカニ玉と、独特の食感のビーフンを一緒に味わえば、優しい味わいの中にも、奥行きのある、後引く味わいを感じる事ができる。

そのカニ玉の味わいとビーフンの甘みのある味わいの余韻たるや、まさにビーフン東でしか味わえない絶品の味わいに違いない。

もし味わいを少し変えたいという場合は、卓上の醤油、もしくはニンニク醤油を少しだけプラスすれば、よりパンチのある味わいを楽しむ事ができる。

そして焼きビーフンだけではない。

スープビーフン(五目)は、美味しいダシ汁の中とたくさんの具材を一緒に楽しめる逸品。

スープだけでも非常に美味なのだが、その美味しいスープとビーフンの組み合わせは、焼きビーフンとは異なる食感と味わいになっている事に気がつく。

たくさんの野菜や豚肉、そしてエビなどの具材と優しい味わいのスープ、そしてビーフン、それらをいっぺんに口の中で味わえば、幸福感で心もお腹も一杯になるにちがいないのだ。


・是非一緒に食べたいバーツアン(中華ちまき)
そんな美味しいビーフンと一緒に味わいたいのが、こちらのお店のバーツアン(中華ちまき)。

しっかりと味付けされた餅米と栗や豚肉などが絶妙にマッチするバーツアン(中華ちまき)は、うれしいサイドメニュー。

こちらのサイドメニューにはスープがついているため、スープと一緒にあじわえば、またさらに美味しい味わいを楽しむ事が可能だ。

新橋駅前ビルの2階にひっそりと佇む、ビーフン専門のお店、ビーフン東(あずま)。

もし本当に美味しいビーフンを堪能したいのであれば、こちらのお店を訪れてみてはいかがだろうか?

きっとそこには、この場所でしか味わえない、そんな素晴らしい食の出会いがあるに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 ビーフン東(あずま)
住所 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 2F
営業時間  月~金 11:30~14:00 / 17:00~20:30 土 11:30~13:30
定休日 日曜日・祝日