【山小屋グルメ】標高2300メートルで味わう絶品のおでんと最高の景色 / 長野県松本市安曇の「涸沢(からさわ)ヒュッテ」

この世には様々な美味しいグルメが存在している。

その場所でしか味わえない美味しいグルメに出会うために、何時間も旅をしてたどり着く、時には1日以上かけてたどり着くという場所も存在しているのだ。

しかしながらそれだけの時間と労力をかけてでも味わいたい、そんな絶品のグルメは多くの人々を魅了してやまない。

そんな世界各地に存在しているグルメスポットの中でも、絶対に徒歩でアクセスしなければたどり着けない場所がある。

それが山小屋で味わう絶品グルメ。

平地を抜け、樹林帯を抜け、様々な困難の先にある山小屋は登山者を癒すためのオアシスのような存在なのだ。

今回はそんな日本各地に存在する様々な山小屋グルメの中から、北アルプス(飛騨山脈)の前穂高岳、奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳の四座に囲まれた涸沢(からさわ)ヒュッテをご紹介したい。

・上高地から徒歩で約6時間、北アルプスのオアシスの1つ「涸沢(からさわ)ヒュッテ」
涸沢ヒュッテとは、北アルプス(飛騨山脈)の前穂高岳、奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳の四座への登頂のためのベースキャンプの1つ。

どれも3000メートル級の山であり、中でも奥穂高岳は北アルプスの最高峰であり、富士山と北岳につぐ日本で3番目に高い山だ。そんなハイレベルな山へのアタックには、美味しい料理と休息が欠かせない。

そんな北アルプス最高峰へのアタックに必要不可欠な山小屋の1つこそ、涸沢ヒュッテなのだ。

涸沢ヒュッテにはいくつかのアクセスルートがあるが、最も安全なコースが徳沢、横尾を経由してアクセスするルート。

詳細は地図や書籍、情報サイトなどを参照して頂きたいのだが、徒歩で6時間はかかる場所にある。

そのため、残念ながら、気が向いたから明日食べにいこう、というような軽い気持ちではアクセスできない。

・「涸沢(からさわ)ヒュッテ」の名物と言えばおでん
上高地から6時間以上のトレッキングを経てたどり着く涸沢ヒュッテの売店では、そのトレッキングする価値のあるご褒美がある。

それが前穂高岳、奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳の四座に囲まれた絶景だ。


そんな絶景とともに楽しみたいのが、こちらの山小屋の名物「おでん」。

美味しい生ビールとともに、アツアツのおでんを味わえば、歩いてきた疲れなど吹っ飛んでしまう。

この場所でしか味わえない絶景と澄みきった空気、そして美味しい生ビールにアツアツでダシがしっかりとしみ込んだおでん。

言葉を失うウマさとは、この事だ。

また特筆したいのが、生ビール。

こちらでは通常の生ビールではなく、アサヒビールの「熟選」が提供されているのだ。

味わい深く、香り高いアサヒビールのプレミアムビールである「熟選」と、アツアツのおでん、まさに最高の組み合わせを標高2300メートルで味わえるのだから、たまらない。

・他のメニューも美味しい
こちらのお店では、他にも美味しいメニューが存在しているのだが、オススメしたいのがカレー。

ゴロゴロとたくさんの野菜が入っているカレーは、どこで味わっても美味しいカレーと言えるほどの味わい。

さらには、6時間のトレッキングで体から失われたエネルギーを補給するためには最高の栄養食ともいえる。

そのためなのか、1スプーンごとに身体の隅々までカレーが染みていく感覚すら覚える。

心地よい疲労によって身体全体でカレーを味わう、そして身体全体で北アルプスの自然を味わう、まさにこの場所でしか味わえない、最高のグルメ体験と言っても過言ではない。

9月末から10月にかけて、涸沢(からさわ)はとても美しい紅葉シーズンになると言う。

この秋、身体全体で味わう美味しいおでんとカレーを体験するために、こちらの山小屋を訪れてみてはいかがだろうか?

きっとそこには、これまであなたが体験した事の無い、地上では体験できない美味しいグルメ体験が待っているに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 涸沢(からさわ)ヒュッテ
住所 長野県松本市安曇4469-1
営業時間 春~秋のみ
お店の公式ホームページ http://www.karasawa-hyutte.com/
お店の公式facebook https://www.facebook.com/karasawahyutte/

※紅葉シーズンは非常に混雑するため、公式サイトもしくは公式サイトに掲載されている電話番号に連絡の上、訪問ください。また、山のルール(ゴミは持ち帰る、石けんなどは使わないなど)については遵守ください。

▼紅葉シーズンの涸沢(からさわ)ヒュッテ周辺(涸沢(からさわ)ヒュッテのfacebookより)