北陸の空の玄関・小松市で味わう絶品餃子と塩焼きそば / 石川県小松市の「珍龍(ちんりゅう)」

日本各地にはそれぞれの街や地域の方々がこよなく愛し、磨き上げられてきた絶品グルメが必ず1つや2つ存在する。

しかしその絶品グルメは、ほとんどの場合地元の人にとっては「常識」や「当たり前」のため、その街や地域以外の人にはなかなか知られることがないのが、現状である。

例えば、愛知県・安城市にある「北京本店の北京飯」広島県・広島市にある「陽気のラーメン」石川県・金沢市にある「グリルオーツカのハントンライス」新潟県・新潟市にある「みかづきのイタリアン」大阪府・大阪市にある「かどやの豚足」長野県・上田市にある「日昌亭の焼きそば」北海道・札幌市にある「だるまのジンギスカン」などなど、さまざまな美味しいグルメがキラボシのごとく日本各地に輝きを放って存在している。

今回はそんな絶品の地方グルメの中から、北陸の空の玄関・石川県小松市が誇る、絶品の街中華の名店をご紹介したい。

お店の名前は、「珍龍(ちんりゅう)」だ。

・1965年(昭和40年)創業の老舗街中華の名店、それが小松の珍龍
1965年(昭和40年)と言えば、初の国産旅客機YS-11が就航し、海外団体旅行用の「ジャルパック」が発売開始された年。

プロ野球においては、現在まで続くドラフト制度の始まりである第1回ドラフト会議開かれ、大学生が史上初めて100万人を突破するなど、その後の日本の発展を予期させるような様々な出来事があった年。

そんな日本の爆発的な発展を予感させる時代とともに産まれた「珍龍」は、50年以上も多くの人々に美味しい中華を提供しつづけている。

・北陸にその名を轟かせる絶品餃子のお店、それが石川県小松市の珍龍
こちらのお店、様々なメニューがあり、どの料理を味わっても非常に美味しい。

そのクオリティたるや、名だたる街中華の名店とも肩を並べるほどと言っても過言ではない。

そのため、心のおもむくままに食べたいメニューをオーダーすることをオススメしたい。





しかしながら、もし初めてこちらのお店を訪れるのであれば、まずはこちらのお店の人気ナンバーワンメニューである餃子を味わって欲しい。

こちらの餃子はひとくちで味わえる、小さく細長い餃子。

小さいながらもしっかりとした野菜と豚肉の餡が詰まっている。

ひとくち味わえば、非常に細かくみじん切りにされている野菜と豚肉の餡は、口の中でふわっと広がり、野菜の甘みと豚肉のウマミだけを舌の上で残し、消え去って行く。

非常にサッパリとしていながら、絶妙なウマミを感じられるのだ。

そんな美味しい餡を、パリッと焼き上げられた餃子の皮が、香ばしい味わいをプラスする。

本当に何個でも味わえる餃子と言えるだろう。

そして特筆したいのが、こちらのお店の特製ラー油だ。

花椒(中国山椒)独特の香りと清涼感を感じるラー油を追加した餃子のタレは、パリッとした香ばしい餃子とウマミを感じながらもサッパリとした餃子と良く合う。


・モチモチでシコシコの麺が嬉しい、塩焼きそば
餃子に加えて、こちらのお店で味わっておきたいのが、塩焼きそばだ。

生麺を注文を受けてから茹で上げ、野菜などと一緒に一気に炒めあげられた塩焼きそばは、シャキシャキとした野菜の食感と甘み、そして、モチモチでシコシコの美味しい麺をしっかりと感じられる。

噛む度に広がっていくウマミ、そして麺の食感と味わい、こちらのお店でしか味わえない、表現のしようが無いほど美味しい、そんな塩焼きそばがそこにはある。

もちろんそんな美味しい塩焼きそばには、清涼感のある刺激的な特製ラー油が良く合う。

辛いものが好きな方は、たっぷりとラー油と一緒に味わってみる事をオススメしたい。

新幹線が金沢に開通するまでは、北陸の玄関と言えば石川県小松市であった。

しかしながら、今でも北陸の空の玄関といえば、石川県小松市なのだ。

そんな小松が誇る、絶品の街中華の名店「珍龍(ちんりゅう)」で絶品の街中華の味わいを楽しんでみてはいかがだろうか?

きっとそこには、この地でしか味わえない、そんな味わい深い美味しさがあるに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 珍龍(ちんりゅう)
住所 石川県小松市園町ホ-117-1
営業時間 11:00~15:00 / 17:00~22:00
定休日 月曜日 ※月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日となります
お店の公式ホームページ https://chinryu.gorp.jp/













この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 珍龍(ちんりゅう)

住所 : 石川県小松市園町ホ-117-1