【日本麺紀行】岩手県が誇る盛岡冷麺発祥の店「食道園」の冷麺とは?

日本各地には様々な麺料理が存在している。

例えば、美味しんぼにも登場する100年続く津軽そばのお店「三忠食堂 本店」沖縄で知らない人がいないほど有名な沖縄そばの名店「宮里そば」、そして立ち食いうどんマニアが最後にたどり着く最高のお店とも名高い富山県・石動駅の「麺類食堂」に、横浜が誇るソウルフード・サンマーメンの元祖「玉泉亭」、さらには愛知県一宮市で中毒グルメとして人気の「ベトコンラーメン」立ち食い蕎麦マニアが最後にたどり着く絶品の駅そば、北海道の秘境・音威子府駅にある「常盤軒」などなど、全国各地にその場所でしか味わえない絶品の麺料理が数え切れないほど存在している。

そんな全国の絶品麺料理の中から、今回は岩手県盛岡市が誇る盛岡三大麺の1つ盛岡冷麺のお店をご紹介したい。

お店の名前は「食道園」だ。

・1954年(昭和29年)創業の老舗焼肉店、それが「食道園」
1954年と言えば、ベビーブーム世代が就学し、自衛隊が発足、さらには映画「ローマの休日」大ヒットし、力道山などプロレスブームが起きた時代。

日本の戦後復興から経済成長へと繋がる、まさに日本が黄金の歴史を謳歌していく時代に、この店はテーブル4つの焼肉店として営業をスタート。

今では盛岡を代表するお店として、ランチタイムもディナータイムも多くの人がこちらのお店で美味しい焼肉を味わっているのだ。
IMG_7561

・盛岡冷麺の元祖、それが「食道園」
盛岡市内では盛岡冷麺は様々な場所で味わうことができるご当地麺となっているのだが、その全ての盛岡冷麺の源は、「食道園」。

創業者が子供の頃に食べた冷麺を独力で再現し、その味わいをお店で提供したことから盛岡冷麺の歴史は始まったのだ。

提供される盛岡冷麺は、非常に美しく盛り付けられており、食べる前から美味しさを感じてしまうほど。

ゆで卵とネギ、きゅうりの浅漬け、大根のキムチに、少し甘めの味付けがされている牛肉が、美しい麺の山の上に整然と盛り付けられているのだ。
IMG_7565

まずは麺だが、非常に強い弾力と麺そのものの強い味わいを感じる強烈なインパクト。

そこに柔らかな甘みを感じる、奥行きのあるスープと、食感の楽しい具の数々。

口の中いっぱいに楽しい味わいが広がっていくこちらの冷麺は、まさに盛岡にきたら絶対に食べておきたいメニューの1つといっても過言ではない。
IMG_7571
IMG_7567

具のなかでも特筆したいのが、甘く味付けられた牛肉だ。

スープの中で軽く泳がせたあとに味わえば、ゆっくりと牛肉のコクと甘みが広がっていく。もちろんスープや麺との相性は抜群で、ご飯に乗せて食べても絶品だと思えるほどの味わいなのだ。

そしてあっさりとした奥行きのあるスープに、強烈な個性の麺、それらをしっかりと甘く味付けられた牛肉が繋いでくれていることに気がつく。
IMG_7568

もし、岩手県盛岡市を訪れるのであれば、戦後から60年以上愛され続けてきたご当地麺である盛岡冷麺を味わってみてはいかがだろうか?

きっとそこには、盛岡で生まれ育まれてきた、この地でしか味わえない、そんな味わいがあるに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 食道園 (しょくどうえん)
住所 岩手県盛岡市大通1-8-2
月曜日~土曜日 11:30~15:30 / 17:00~24:00
日曜日・祝日 11:30~15:30 / 16:30~22:00
定休日 第1火曜日・第3火曜日

IMG_7560

IMG_7562

IMG_7564

IMG_7566